ヤンダアプローチ、DNSアプローチを日本へ伝える-小倉秀子先生-最終回

無料会員登録をする

 

海外に行くための心得

―――印象として、アメリカのPTはあんまり徒手をやらないイメージがあるのですが、どうでしょうか?

 

小倉先生:職場によると思います。しかし、私の今の職場では、徒手療法の長期講習会に参加して、きちんと行う人は少数派の印象があります。今の職場の20代・30代のPTでは徒手療法などの長期講習に行っている人の方が少数です。個人的にはそれはとても残念だと思います。

 

―――そういうのを勉強する環境って整っているんですか?日本ではほぼ毎週の様にセミナーがあるんですが。

 

小倉先生:カリフォルニアではPTは免許を更新する際に一定の教育プログラムの単位が必要です。しかし免許更新のためだけに、オンラインで簡単にできるものや受講料の安いものばかり選び、きちんと勉強しないPTもいます。

 

アメリカにいようが日本にいようが頑張っているPT、怠けているPTはいます。最終的には国に関係なく、勉強するしないは個人の力であると強く感じています。

 

―――お給料は実際どれくらいですか?

 

小倉先生:新卒でもカルフォルニアの場合は、年収600—650万円くらいでしょうか。日本の新卒の方々がアメリカを目指したいと思う気持ちがわかります。日本の新卒の方のお給料はきっと米国の半分程度ではないでしょうか。

 

 

―――海外に行きたいPTも増えてきましたが、なにかアドバイスいただけますか?

 

小倉先生:まず、海外に行くにあたり、お金が必要です。私の場合、英語学校で勉強している頃は、生活費と英語学校の費用など切り詰めても1年間300万円、大学に入ってからは年間500万ほど使いましたので、貯金したり資金を調達する手を考えておくことが必要です。

 

日本にいるうちから語学の勉強を開始すること、そしてアメリカでは州ごとに法律が異なりPTの免許試験内容なども異なりますので、自分の行きたいと思う州の下調べすることは大事だと思います。

 

また最低一度は自分の行きたい州に行き、本当にそこで暮らせるかどうか検討してみた方がよろしいかと思います。

 

―――州の選び方ってありますか?

 

小倉先生:そうですねえ。東京が好きな人はニューヨークが好きそうな気がします。カリフォルニアはなんとなく関西系のような気がします。しかし、やはり実際に行って見て自分にあっているか確かめるのがとても大事と思います。

 

 

―――海外で働く日本人療法士のコミュニティってあるんですか?

 

小倉先生:あるのかもしれないけど、私は知りません。そもそも日本人の友達はアメリカには一人しかいませんし、孤独に生きていますので・・・。これだからアメリカがあっているのかもしれませんね。

 

―――今もし、別のところに留学できるとしたらどこに行きたいですか?

 

小倉先生:スカンジナビア系に生まれたかった・・・。社会保障がきちんとしていて、老後に安心して暮らせるところがいいな。あとはカナダ。我が家の近所と違って、治安が良さそうだから(笑)。

 

―――オーストラリアとかはどうですか?

 

小倉先生:オーストラリアは行ったことがないので、わかりません。ただ、お正月が夏のシドニーで是非元旦に花火が見てみたい。

 

―――先生のおすすめの本を教えてください。

 

小倉先生:専門書では苦労して訳したヤンダアプローチ。若く悩めるPTさんにお勧めなのは、迷いのち晴れ (絶版になっているので探すのが大変かも・・・)

 

迷いのち晴れ―人生の悩みに答える七つの話
Posted with Amakuri
近藤 章久
柏樹社
売上げランキング: 1403692

 

―――最後に先生にとってプロフェッショナルとは?

小倉先生:専門の勉強を一生続けること。50歳を過ぎると体力的、精神的に新しいことを勉強するのがどんどん大変になってきていますが、負けずに頑張ります。

 

【目次】

第一回:アメリカに行ったワケ

第二回:ヤンダアプローチ、DNSアプローチとの出会い

最終回:日本とアメリカの違い

 

小倉秀子先生の経歴

東京都新宿区出身。東京都府中リハビリテーション学院卒業し、1988年に日本理学療法士免許取得。1988年より1994年まで横浜市立大学付属病院に勤務。1995年渡米。1996年、サンフランシスコ州立大学にて、運動学を専攻し、1998年学士号。卒業後、米国カリフォルニア州理学療法士免許に合格し、外国人理学療法士に義務付けられている臨床インターンをスタンフォード大学メディカルセンターとスタンフォード大学/UCサンフランシスコ大学理学療法外来クリニックにて修了したのち、Ola Grimsby Instituteにて、Doctor of Physical Therapy Programを受講し、2005年にDPT。2005年よりカイザーパーマネンテ・サウスサンフランシスコメディカルセンターに勤務。

現在日本では理学療法士・作業療法士をはじめとした臨床セラピストのための専門的臨床講習会を非営利の勉強会・Manual Therapy Internatinoal Tokyoで主催している。2006年より米国よりクレア・フランク氏を講師として招き、ヤンダアプローチ講習会を日本各地で開催。2009年にチェコプラハスクール公式認定であるDNS (Dynamic Neuromuscular Stabilization, 動的神経筋安定化)アプローチ講習会を日本で初めて開催し、それ以降医療従事者向けのDNS A, B, Cコースを主催。2016年からはクレア・フランク氏が率いるMovement Linksの認定講習会であるムーブメントサイエンス講習会を日本各地で開催していくことを計画中。

 

監修書籍/DVD

 

ヤンダアプローチ―マッスルインバランスに対する評価と治療
Posted with Amakuri
Phil Page
三輪書店
販売価格 ¥5,184
(2016年12月21日11時5分時点の価格)
売上げランキング: 113719
筋骨格疼痛症候群 治療 のための ヤンダ ・ アプローチ ~ 機能的なアプローチの概論と評価の実際 ~ [ 理学療法 DVD 番号 me147 ]
Posted with Amakuri
ジャパンライム株式会社
販売価格 ¥12,960
(2016年12月21日11時6分時点の価格)
売上げランキング: 210642
無料会員登録をする