Line

アメリカおすすめの身体に良いおやつとは?

443 views
無料会員登録をする

『糖質制限』という言葉が流行している昨今。

アメリカの糖尿病学会はこのような研究を発表しています。

 

アメリカの糖尿病学会では2013年、糖尿病の食事療法を見直し、従来までの「カロリー制限」から「糖質制限」に舵を切り直した。

糖尿病患者には炭水化物の制限が勧められているのだ。

さらに『PLOS ONE』に掲載された小規模な研究報告によれば、低炭水化物は健康的な代謝の変化をもたらす。

 

詳細を読む(引用元):HEALTHPRESS

 

カロリー制限から糖質制限へ。

これが今の流れです。

糖質制限については、多くの著書も出ています。

では、良好な血糖コントロールのためには実際どのような食品がいいのか?

 

間食の際にも<健康的な食品>を選び、摂取量に気をつけるべきだという。

砂糖や塩、脂肪を含まなくても十分にエネルギー補給できる食品は数多くある。

こうした食品を選ぶことが血糖値の急激な上昇や体重増加を避ける一助になるという。

 

詳細を読む(引用元):HEALTHPRESS


 

1.炭水化物の含有量が5g未満のもの 

2.炭水化物を10~20g含むもの 

3.運動前に炭水化物を30g以上摂取したい場合

 

記事中には上記3つのオススメ食材が挙げられています。ぜひチェックしてみてください。

 

ちなみに私も、以前から間食をするときにはアーモンドを食べています。

アーモンドは、

・老眼や肌の老化を防止
・不足しがちなミネラル類の補給
・骨粗しょう症の予防
・活性酸素による酸化を防ぐ、血行をよくするビタミンEが豊富。
・食物繊維が豊富で、便秘解消に最適

などの効果もあるようですよ。ぜひお試しあれ。

 

 

文責 POST編集部 林 祐介

 

 

<本記事は、※1著作権法第32条 を参考に、以下の部分に注意し、記事の引用を行なっています。>1,引用文と本文の区分をはっきりする。引用文には、「blockquoteタグ」で囲うものとする。2,引用元の本文を全文引用しないものとする。3,引用文は勝手に編集(構成上略す場合を除き)、内容の変更は行わないものとする。4,引用文のみの記事構成にはしないものとする。以上.

※1(引用)著作権法第32条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(文化庁:著作権なるほど質問箱

無料会員登録をする

Bnr 01

Prs

Interviews