iPhoneが誕生して10周年 次なる一手は?

361 views
無料会員登録をする

1月9日(現地時間)は、初代iPhoneが発表されてから10周年の記念日だそうだ。

米Appleは、これを記念したコメントを発表している。
 

iPhone生誕10周年!Appleがコメント発表「革命は続く」

引用元:RBBTODAY

「iPhone at ten: the revolution continues(iPhone10周年、革命は続く)」とのタイトルで発表されたコメントには、懐かしい物語が綴られている。

 2007年に開催されたMacworldにおいて、故スティーブ・ジョブズ氏は初代のiPhoneを世界に向けて発表した。

 

(中略)

 

日本では、折りたたみ式の携帯電話が主流だったが、その後の浸透具合はご存じの通りだ。

グローバルで言えば、その販売数はすでに10億台を超えており、数多くのアプリケーションは人々の生活を支え、iPadやApple Watchなどとのペアリングによって、我々はより快適な生活を送れるようになった。

 

日本では、AndroidよりもiOSの方が高シェアを占めている。

もちろんiPhone以外のスマートフォンを愛用している方もいるだろう。

どちらにせよ現在のようなタッチスクリーン式のデバイスが登場し、

片手でどんな情報をも得ることができることを誰が予想しただろう。

少なくとも私は、折りたたみ携帯から想像することはできなかった。

 

iPhoneが生まれて10年。

この10年で目まぐるしい進化を我々に見せつけてきたスマートフォン業界。

それと等しく医療業界の進歩も早いと言われている。

この先の10年で日本の医療・介護業界も大きく変わっていくだろう。

リハビリテーション業界のスティーブ・ジョブズはいつ現れるだろうか。

 

 

文責 POST編集部 林 祐介

 

<本記事は、※1著作権法第32条 を参考に、以下の部分に注意し、記事の引用を行なっています。>1,引用文と本文の区分をはっきりする。引用文には、「blockquoteタグ」で囲うものとする。2,引用元の本文を全文引用しないものとする。3,引用文は勝手に編集(構成上略す場合を除き)、内容の変更は行わないものとする。4,引用文のみの記事構成にはしないものとする。以上.

※1(引用)著作権法第32条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(文化庁:著作権なるほど質問箱

無料会員登録をする

Bnr 01

Prs

Interviews