コメディカルドットコム

【10月28日(土)】ヨガ資格無料説明会の開催決定!

5488 views

 

ヨガと理学療法の効果

 先日、米ボストン大学医学部准教授のRobert Saper氏らの研究で腰痛に対するヨガと理学療法の効果が示唆されまました。また、厚生労働省運営のHP『統合医療情報発信サイト』においても、ヨガの研究成果や現状などが発信されている。

 

米国(メリーランド州)国立補完統合衛生センター(National Center for Complementary and Integrative Health, 略称:NCCIH)では、糖尿病リスク、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、免疫機能、さまざまな関節炎、更年期症状、多発性硬化症、心的外傷後ストレス障害、禁煙に対してヨガの効果を研究するための助成を行なっています。

 

すでにヨガは医療の一部を担う存在として注目されています。

 

<<ヨガインストラクター養成講座無料説明会にお申し込みの方はこちらからお申し込みください>>

>>お申し込みはこちら

 

ヨガの科学的結果(NCCIHより) 

  NCCIHの動画には以下のものがあります:

  • 高齢者が特定のヨガのポーズでどのように筋肉や関節を使うかを調べる革新的技術の様子(George Salem, Ph.D.、南カリフォルニア大学)
  • 慢性腰痛(一般的にみられ治療困難な障害)をもつ人にヨガが有益であることを示すため、厳正に計画され行われた研究の概要(Karen Sherman, Ph.D., M.P.H., Group Health Research Institute)
  • ヨガを検討されている方に対する「推奨事項と禁止事項」

厚生労働省『統合医療情報発信サイト』

 

世界基準のヨガ資格発行企業を厳選

 ヨガ資格を取得するにあたり、もっとも悩む部分が「どのスクールに通えばいいのかわからない」という悩みだと思います。また、何を基準に選ぶべきなのか?どんな先生がいいのか?など、新しい分野にチャレンジする際にはつきものの悩みです。

そこで、今回は多くのヨガ企業の中から、「ヨガ資格発行企業が選ぶ、優れた資格を発行する企業」を調査し、今回ご参加いただくこととなりました。

もっとも信頼度の高いものは、その道の専門家に聞くことが良いとされます。つまり、今回お集まりいただいた企業は、「ヨガの専門家が選んだ企業」と信頼度の高い企業にご参加いただいております。

ぜひこの機会に、「ヨガとリハビリテーションの融合」だけではなく、「自身のヘルスケア」の目的においても、ヨガの活用方法を検討してください。

 

日時

2017年10月28日(土) 10:00-16:00 予定(9:15開場)

場所:エバーウォーク両国店 墨田区石原3-27−10 原田ビル1階

※会場への電話連絡はおやめください。

参加費:無料

参加人数:40席迄→残り10席

>>お申し込みはこちら

 

スケジュール

9:15 開場
10:00 1社目 ファーストシップ 参加者特典:ファーストシップオリジナルエコバックをプレゼント、無料体験レッスンチケット(1回分)

10:45 2社目 Be Yoga Japan 参加者特典:1回フリークラスチケット

11:30 3社目 UNDER THE LIGHT 参加者特典:1回フリークラスチケット

さらに!下記書籍をプレゼント!

『図解YOGAアナトミー:筋骨格編 - 医師が解説するヨガの機能解剖学 』
レイ・ロング医学博士 (著), 中村尚人  (著), アンダーザライト ヨガスクール (監修, 編集)

12:15 昼休憩(午前3社様個別相談会)

13:20 4社目 日本ヨーガ療法学会 認定講座の受講費を10%割引

14:05 5社目 ヨガワークス 参加者特典:当日申込の方はコース費の割引

14:50 6社目 studio yoggy

15:35 (午後3社様個別相談会)

16:00 終了予定

 

参加企業・団体

yoggy institute(ヨギー・インスティテュート)/studio yoggy
スタジオ・ヨギーのスクール部門:「ヨギー・インスティテュート」ではプロフェッショナルなインストラクターを輩出する教育機関として設立。10年以上の実績をもつ。選びぬかれた講師陣がトレーニングの指導を担当。哲学や解剖学、アーユルヴェーダなど専門講師を国内外から招へいしています。受講者の様々な目的やライフスタイルに合わせて無理なく学びを深めることが出来るよう、1人ひとりに合わせた学び方・おすすめのコースなどを専任スタッフが親身になってアドバイスします。お気軽にご相談ください。

 

Be Yoga Japan 様
ビーヨガジャパンは2000年に日本で最初のイシュタヨガスクールとしてマック久美子が創設しました。当スタジオは、ヨガアライアンス登録済みのヨガスタジオです。インストラクター養成コースはRYT(Registered Yoga Teacher)200だけでなくRYT500も開催しており、インストラクターとしてヨガの幅広い知識のみならず指導に必要な知識を一貫して学ぶことができます。イシュタヨガは師から弟子へと受け継がれる伝統的なヨガの流派です。養成コース開設から15年以上、既に600名弱の卒業生が様々な場所で活躍しています

 

UNDER THE LIGHT 様
ヨガアライアンス(国際的なヨガ資格発行団体)認定者の3人に1人がアンダーザライトで資格を取得しました。ヨガ資格の専門スクール「アンダーザライト」は東京(代々木・新宿)にあるヨガアライアンス実績No.1の正式認定校です。ヨガアライアンス資格講座開催数、修了者数No.1。ゼロから本格的にヨガを学べます。解剖学の授業では、ヨガにおける理学療法業界の第一人者、中村尚人先生が担当しています。

 

日本ヨーガ療法学会 様
日本ヨーガ療法学会は2003年に設立されました。2009年からは一般社団法人となり、約2500人の会員により、ヨーガ療法の研究と普及活動が行われています。会員はヨーガの講師をはじめ医師,看護師,理学療法士などの医療関係者,福祉関係者など多岐にわたっています。

 

ファーストシップ 様
ファーストシップは日本最大級のホットヨガスタジオLAVAを運営するベンチャーバンクグループのヨガスクールです。ヨガを深く学んでいきたいという方の想いに応えるために、利便性の高い場所に校舎を構え、好きな時に通学できる「単位制」の導入や、資格取得するまで何度でも同じ授業に無料で参加できるなど、さまざまな角度から生徒さんをサポートしています。また解剖学はヨガインストラクターの資格を持つ理学療法士のトレーナが担当するなど、各科目クオリティが高い内容を提供しています。ヨガ業界に詳しいカウンセラーが丁寧にお話をお伺いしますので、お気軽にご相談ください。

 

ヨガワークス 様
YogaWorksは1987年にアメリカ・カリフォルニア州で生まれたヨガのスタジオで、現在では全米に52スタジオを展開しています。そのスタジオが生み出した、安全で効果的な指導ができるようになるヨガ指導者の養成コースがYogaWorksの全米ヨガアライアンス(RYT200・500)です。これまで1万人以上の卒業生を輩出しているこのプログラムは、18ヵ国50都市以上で開催されており、世界で愛され、実績と信頼のある国際的なトレーニングとなっています。インストラクター養成コースはRYT200・500の他、シニア向け・妊婦向け・がんサバイバー向けの指導プログラムなども幅広く開催しています。

 

>>お申し込みはこちら

無料会員登録をする
        post        pc
B
Le

PR記事

インタビュー記事

Bnr 01