あたらしい地図ーPTOTSTの働きかた羅針盤ー総勢12名の療法士による大対談イベント開催!

  • Line
  • Hatena
4806 posts

今回の対談は特別な対談。総勢12名の療法士による自費、一般企業、経営者の対談を1日で観覧(同時にLIVE配信も行います)できます。登壇者は、自費部門から唐澤先生、半田先生、金子先生、生野先生が。一般企業部門では佐野先生、北垣先生、大西先生、細川先生が。経営者部門では河合先生、福谷先生、福島先生、石田先生がご登壇されます!

【お申し込み方法】

▶︎▷こちらからお願いいたします。

 

逃げよう。

 

自分を縛り付けるものから。

 

ボーダーを越えよう。

 

武器はアイディアと仲間。

 

繋ごう。

 

コネクションを。

 

私たちは、

 

羅針盤だ。

 

詳細情報

日時:

2018年2月10日(土) 13:00〜16:20

場所:

快・決いい会議室 KDX東新宿ビル内 ホールA

〒160-0021 東京都 新宿区 歌舞伎町2-4-10 KDX東新宿ビル 3F 

募集人数:100名

受講費:

当日参加者 ¥3,240

*20名(残り11名)限定でPOST有料会員は無料でご参加いただけます。

LIVE参加 無料

https://www.facebook.com/rehabilitationmedia.post/

*LIVE配信のご視聴はこちらからお願いします。当日までに「いいね」をしておくと、当日タイムライン上に表示されます。

【お申し込み方法】

▶︎▷こちらからお願いいたします。

*お振込は、銀行振込、カード決済、PayPal決済が可能です。

*このイベントではキャンセルを受け付けておりません。お申し込み後のキャンセルでも、全額お振込頂きます。

 

<タイムスケジュール>

12:30 受付開始

13:00 1セッション

14:00 終了

14:10 2セッション

15:10 終了

15:20 3セッション

16:20 終了

 

セッション1 自費診療での働きかた 

*MC:POST編集長 今井俊太

唐澤 幹男(理学療法士 )

【所属】   

トータルボディメイク代表    TBM Education代表

【学歴】  

茨城県立医療大学(平成14年入学 平成18年卒業)  茨城県立医療大学大学院(平成24年入学 平成26年卒業)

【書籍】  

部分執筆   

ブラッシュアップ理学療法. 三輪書店, 東京, 2012   

バイオメカニクスと動作分析 エキスパート理学療法1 ヒューマンプレス、東京、2016  

臨床実践 足部・足関節の理学療法、文光堂、東京、2017  論文   

男子車椅子バスケットボール日本代表選手におけるWUSPIについて:日本障害者スポーツ学会誌(22) 101-103 2013年12月

HP|https://totalbodymake.com
ブログ|https://ameblo.jp/karasawa-mikio/

 

半田 学(理学療法士)

1978 静岡市生まれ

2002 国際医療福祉大学卒業

〜2014 上牧温泉病院リハビリテーション課

2014 「Private Physio Salon TRIGGER」設立

2016 「株式会社TRIGGER」設立

トリガー
http://trigger-physio.com
ブログ
https://ameblo.jp/trigger-physio/

 

金子 唯史(作業療法士)

1981長崎市生まれ

2003 作業療法士資格取得後、高知県の近森リハビリテーション病院 入職

2005 順天堂大学医学部附属順天堂医院 入職

2012~2014イギリスにてボバース上級講習会修了

2015 ニューロリハビリ研究所「STROKE LAB」設立

2017 リハビリ情報サイト「脳リハ.com」運営

2018 文京区に2店舗目をオープン

【翻訳・執筆・監修書籍Book】

「近代ボバース概念 理論と実践」ガイアブックス(2011)

「エビデンスに基づく脳卒中後の上肢と手のリハビリテーション」ガイアブックス(2014)

「エビデンスに基づく高齢者の作業療法」 ガイアブックス(2014)

「作業で語る事例報告(分担執筆)」医学書院(2014)

「新 近代ボバース概念 発展する理論と臨床推論」ガイアブックス(2017)

「脳卒中の動作分析」医学書院(2018)
http://www.stroke-lab.com

 

 

生野 達也(理学療法士)

1997年 札幌市立西陵高等学校 卒業

2002年 吉備国際大学 保健科学部 理学療法学科 卒業
      近森リハビリテーション病院入職 (高知県)

2006年 摂南総合病院
      認知神経リハビリテーションセンター入職(大阪府)

2012年 県立広島大学大学院 総合学術研究科 卒業 修士号取得 

2013年 脳梗塞、脳出血専門リハビリスペース動きのコツ研究所 開設(兵庫県)

2016年 株式会社動きのコツジャパン設立 代表取締役

2017年 大手情報サイトAll Aboutにて脳卒中リハリビガイドとして執筆開始
      一般社団法人動きのコツ協会設立 代表理事

HP|http://www.ugoki-no-kotsu.com

 

セッション2 一般企業での働きかた

*MC:株式会社エバーウォーク代表取締役 輪違弘樹

佐野知康(理学療法士)

2010  茨城県立医療大学 卒業

2010  聖隷福祉事業団 浜松市リハビリテーション病院 入職 

2014 世田谷記念病院 入職 

2016 株式会社エニタイムズ

2017 11 株式会社CDI  

◆研究・発表実績
・脳卒中片麻痺患者の非麻痺側・麻痺側の下肢ボディイメージについて(静岡県理学療法士学会) 2012年

・健常成人に対する陽極tDCSは膝関節伸展・屈曲最大筋力を増大させるか(第49回日本理学療法学術大会) 2014年

・重症脳卒中患者様に対し、食事摂取に対するチーム医療の関わり(第3回慢性期リハビリテーション学会) 2016年

株式会社CDI|https://www.cd-inc.co.jp/

BridgeHP|http://fjbridge.xyz/

 

北垣佑一(作業療法士)

首都大学東京作業療法学科卒業後、作業療法士として急性期総合病院に勤務。 病院勤務時代は、地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟立ち上げ、病棟患者のADL改善に向けた研究と多職種連携への取り組みに注力。 また、作業に基づいた実践に強い興味を持ち、「島根で作業を学ぶ会を立ち上げ・運営」。 現在は、船井総合研究所へ入社し、病院・整形外科クリニック・介護事業所の幅広いコンサルティングを行っている。

 

大西安季(理学療法士)

 

社会医学技術学院理学療法学科卒業。

清瀬リハビリテーション病院にて回復期リハビリテーションに従事。整形疾患・徒手療法に興味を感じ、クリニックに転職。またクリニック転職と同時に、働き世代をターゲットとしたリラクゼーションサロンを開業し、副業としてプチ経営。とあるご縁で訪問看護ステーションへ転職し、訪問リハビリテーションに従事。今夏、副業の技術を深めるためインドネシアへ3カ月渡る。同タイミングで排尿タイミング通知デバイス「DFree」と出会い、Triple W japan株式会社(ベンチャー企業)へ転職。

 

細川智也(理学療法士)

1979年2月 千葉県船橋市生まれ

1998年4月 国際医療福祉大学(大田原)入学

2002年4月 船橋整形外科病院 就職(理学療法士)

2017年4月 ソニー生命保険株式会社 転職(ライフプランナー)

船橋整形外科病院では、下肢部門の課長として自分のグループを受け持つ。 研究報告や論文は、主にACLやアキレス腱断裂に関するもの多数。 その他、筋膜マニピュレーション(level2まで)、DNS、クラインフォーゲルバッハ、MSIなどを駆使し、老若男女からアスリートまでの治療に従事するも、ヘッドハンティングにより2017年4月からライフプランナーへと転職し今に至る。

 

セッション3 経営者としての働きかた

*MC:株式会社エバーウォーク代表取締役 輪違弘樹

河合眞哉(理学療法士)

平成16年 国立療養所東京病院付属リハビリテーション学院卒業
学年でダントツの劣等生。

平成16〜21年 おゆみの整形外科クリニック勤務
足部に興味を持ち、インソールを勉強する。
ジェフユナイテッド市原千葉リザーブズトレーナーを兼務しながらメディカルリハビリテーションという勉強会団体を作る。

平成21〜24年 薬丸病院勤務
リハビリテーション科の新規開設。

平成23年 メディカルリハビリテーションをNPO法人に。

平成23年 Body Pioneer(株)を設立

平成24年 門前仲町リハビリデイセンターを皮切りに、リハビリ特化型デイサービス5店舗、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、お惣菜お弁当事業を開設。

Body Pionner(株)HP:https://www.bodypioneer.net
ブログ:https://ameblo.jp/kawai-shinya/

 

福谷 直人(理学療法士)


▼2011年-2013年
愛知県の藤田保健衛生大学を卒業し、理学療法士(国家資格)の資格を取得。
同時に藤田保健衛生大学大学院修士課程に社会人大学院生として進学。
愛知県の老人介護保健施設にて、高齢者のリハビリテーションを日々行い、夜間や休日に大学院に通学し、研究活動を行う。
リハビリテーション工学を研究し、トレッドミルの制御プログラムや歩行訓練時の転倒予測システムなどを構築。その他、筋電図や加速度計の処理プログラムも構築。
勤務先では、職員の腰痛予防の取り組みなど、職場環境の改善に取り組む。

▼2013年-2016年
【研究活動】
藤田保健衛生大学大学院にて修士号取得後、京都大学大学院医学研究科の博士後期課程へ進学する。
主な研究テーマは、膝や腰の痛みに関する研究。
東京の上場企業と共同研究を行い、健康経営の全社戦略として運動器(肩こり/腰痛/関節痛)検診を約3,000名以上に行う。
運動器疾患(肩こり/腰痛/関節痛)やメンタルヘルスと労働生産性の関連性の研究を行い、これまで国際誌への論文掲載多数あり。

【ビジネス関連】
ビジネスモデルコンテストに出場し、受賞歴多数あり。
■Global Technology Entrepreneurship Program準優勝
■Japan Business Model Competition最優秀賞(日本代表)
■International Business Model Competition Quarter finalist
■Digital Health Connect準優勝

HP|https://www.backtech.co.jp/

 

石田 輝樹(理学療法士)

職歴
2007年~2013年横浜労災病院 リハビリ中央部 理学療法士
2013年~株式会社リカバリータイムズ 代表取締役
学歴
2007年神奈川県立保健福祉大学
リハビリテーション科卒業(理学療法士)
2009年~2011年神奈川県立保健福祉大学大学院 修了
(リハビリテーション学修士)
2011年~2015

福島 努(理学療法士)

平成15年 国立療養所箱根病院付属リハビリテーション学院卒業
平成15年~23年 平塚市民病院
平成23年~24年 鶴巻訪問看護ステーション
平成24年 株式会社 Re ambitious創業 リハセンター R-studio開設
平成27年 訪問 R-station開設
平成27年 R-studio フィットネス開設
平成29年 子供向けスポーツ教室 忍者ナイン開設
株式会社 Re ambitious : http://re-ambitious.com
ブログ 夢のキセキ: http://ameblo.jp/ptbaka/

 

【お申し込み方法】

▶︎▷こちらからお願いいたします。

 

共催 TBM、BP、POST

 

  • Line
  • Hatena
あたらしい地図ーPTOTSTの働きかた羅針盤ー総勢12名の療法士による大対談イベント開催!