【輪違×細川】働き方戦略論争 ~平成の次を考える~

  • Line
  • Hatena
2072 posts

 

はじまりはこのツイートからでした。

 

 

 

このやり取りの全貌はtwitterをご覧ください。

 

パラレルキャリア・複業を推奨し、療法士の新しい働き方を提案している作業療法士の細川氏。個人でキャリア相談も請負い、若手療法士のニューリーダーとして支持者も多い。

 

そんな細川氏が、給料・複業戦略について呟いたのに、噛みついたのが弊社代表の輪違でした。

 

「現実的な話をしましょう!」

「新手の詐欺になるぞ!」

 

輪違は、理学療法だけでなく、テクノロジーやビジネス、政治経済、社会情勢等あらゆる分野の知見を持ち、また何者にも物怖じすることなく自分の意見を真っ直ぐ言うことから、「リハビリ業界のホリえもん」と例える人も少なくない。

 

両者とも32歳で同い年でありながら、同じ組織でも働いていたことのある2人。必ずや面白い対談になると思い企画しました。

現実的な給料アップの方法を、全て本音でぶつかり合っていただきたいと勝手に思っています。

 

また、参加者からのキャリア相談も受付けたいと思いますので、何か悩みのある方も是非ご参加ください。

 

<実施要項>
日時:3/23(土)19:00〜21:00
場所:エバーウォーク両国店
東京都墨田区石原3-27-10 原田ビル1階
参加費:5,000円/人 (アルコール、軽食付き)

※ プレミアム会員・POSTアカデミアの方は無料でご参加いただけます。
定員:30名

申し込みは以下のリンクから

▶︎ https://business.form-mailer.jp/fms/995ead8999094

 

 

講師プロフィール

・細川寛将

作業療法士。保健学修士。作業療法士として病院勤務時代より「国家資格」「保険内」にとらわれずに専門性を活かしてナレッジワーカーとして活動。これからの医療・介護職の働き方の一つとして複業・パラレルキャリアを実践・推奨している。

現在は、医療法人陽明会グループ(名古屋市)で在宅緩和ケア住宅(サ高住)の施設長をする傍ら、株式会社クリエイターズ(金沢市)にて就労支援事業・メディア事業、その他NPO法人や一般社団法人の役員、ヘルスケアベンチャー企業の支援に携わっている。

最近は、地域でパラレルキャリアを実践する医療・介護職を支援するために一般社団法人守破離を起ち上げコワーキングスペースの設置やワークショップ開催、メンバーにキャリアデザインのコンサルティングなどを精力的に行っている。

<関連記事>

「好きなことだけで生きていく」その先へ

ひっぱりだこ療法士になるために

 

・輪違弘樹

エバーウォーク社とメディカルエージェンシー社の代表取締役を務め、墨田区理学療法士会支部長や日本理学療法士協会の代議員と業界の更なる発展に向けての活動も精力的に行なっている。病院勤務時には、呼吸リハ部門を立ち上げ、年間初年度6000万円、二年目には1億円以上の売り上げの貢献に成功。


・平成23年12月18日(日)BS-TBS 「肺の生活習慣病って何? 増え続けるCOPDとは?」出演
・平成24年5月5日(土)BS朝日「鳥越俊太郎 医療の現場!高齢者のぜんそく」出演
・平成24年7月30日(月)毎日新聞 朝刊 コツコツ健老塾
・平成24年9月8日(日)BS-TBS 「なるほど! ホームドクター」出演

<関連記事>

療法士が今勉強しておくべき専門分野とはー2022年までに準備しておくこと

AIとリハビリの未来ー2030年には何が起きる?ー

 

<実施要項>
日時:3/23(土)19:00〜21:00
場所:エバーウォーク両国店
東京都墨田区石原3-27-10 原田ビル1階
参加費:5,000円/人 (アルコール、軽食付き)

※ プレミアム会員・POSTアカデミアの方は無料でご参加いただけます。
定員:30名

申し込みは以下のリンクから

▶︎ https://business.form-mailer.jp/fms/995ead8999094

 

 

  • Line
  • Hatena
【輪違×細川】働き方戦略論争 ~平成の次を考える~
280841.line
Shosekipc

企業おすすめ特集

編集部オススメ記事

Bnr 01