【6月16日(日)】非特異的腰痛に対する理学療法―Classification(分類)に基づいた考え方と実践―

  • Line
  • Hatena
1555 posts

世界最先端の非特異的腰痛に対する理学療法

 非特異的腰痛は、腰痛の中でも85-90%を占めると言われており,手術適応ではありません.それは理学療法士が中心になって評価、介入することが必須であり、理学療法士が主役となるべき疾患です.

 

その非特異的腰痛に対して,世界では日々研究が進められており、現在まで日本ではあまり知られていないことも含めて様々なことがわかってきています。その中で世界において主流となっているのが、Classification=分類、です。

 

非特異的腰痛という大きなものをさらにサブグループ化し、それぞれにあった特異的な介入を行う、という考え方です。今回の講義では、非特異的腰痛に対して,classificationの概要を紹介しつつ,非特異的腰痛をどのように考え、どのように介入したらよいのかの流れを提示します.

プログラム(10:00―16:00)

◆プログラム(構成)

午前

1.腰痛はなぜ難しいか?

 

2.腰痛を適応で分類する〜Red flags、特異的腰痛、非特異的腰痛の違い〜

理学療法適応外を見極める;Red Flagsの考え方

非特異的腰痛の定義,考え方

 

3.急性期腰痛と慢性期腰痛の違い〜痛みのメカニズムを中心に〜

生物―心理―社会モデルに基づいたPain Science

急性期の腰痛の痛みの原因

慢性期の腰痛の痛みの原因

急性期腰痛と慢性期腰痛の介入方向の違い

 

4.急性期腰痛のマネジメント

急性期腰痛に対する最新のエビデンス

スクリーニングツール使用のすすめ

最新エビデンスに基づいたマネジメント:2019年でスイスで行われる世界理学療法学会(WCPT)でのワークショップの最新知見を踏まえて

 

午後

1.非特異的腰痛のClassification(分類)とは?

なぜClassificationが有効か?

世界で使用されているClassificationの紹介

O’Sullivan Classification system(OCS)の紹介

 

2. Classificationに必要な主観的評価・客観的評価(実技含む)

問診

神経学的検査

自動運動検査

他動運動検査

骨盤帯痛かどうかを見極めための検査

筋機能検査

モーターコントール検査

心理社会的因子の概要の説明と評価方法

 

3.OCSに基づいた実際のclassificationの進め方(実技含む)

屈曲型腰痛の概要

伸展型腰痛の概要

回旋型腰痛の概要

中枢性感作性腰痛の概要

骨盤帯痛の概要

心理社会的因子が強い腰痛の概要

 

4.Classificationに基づいたそれぞれの介入(実技含む)

 

参考図書

*読んでおくと理解がスムーズになるのでオススメです。

非特異的腰痛のリハビリテーション (痛みの理学療法シリーズ)
非特異的腰痛のリハビリテーション (痛みの理学療法シリーズ)
Posted with Amakuri at 2018.11.13
赤坂 清和, 竹林 庸雄, 三木 貴弘
羊土社

 

【詳細情報】

日時:2019年6月16日(日)10:00〜16:00

場所:

株式会社ルネサンス両国本社
https://www.s-renaissance.co.jp/about/outline/
最寄駅:
JR総武線 両国駅より徒歩2分
都営大江戸線 両国駅より徒歩8分

募集人数:40名→14名

受講費:

POSTアカデミア会員 0円

プレミアム会員 9,720円(税込)

プレミアム会員 チケット利用 0円

無料会員 10,800円(税込)

*お申し込みは以下のフォームをご利用ください。

 

お申し込みはこちらから

https://ssl.form-mailer.jp/fms/472ba367622890

*こちらのセミナーはお申し込み後のキャンセルはお受けできません。当日参加いただけない場合でも、お振込が必要になります。

プレミアム会員の方は年4回発行されるクーポンを使用できます。クーポンは、プレミアム会員専用LINE@にて発行中です。

5,400円(税込) / 1ヶ月

POSTアカデミアに入会する

※応募にはログインが必要です

  • Line
  • Hatena
【6月16日(日)】非特異的腰痛に対する理学療法―Classification(分類)に基づいた考え方と実践―