療法士の転職は夏が良い理由!

体幹機能不全の評価と治療介入~上部・下部胸郭に呼吸理学療法手技を応用する~ 講師:加藤太郎先生

【こんな方にオススメ】
✅体幹機能の評価・治療に自信がない
✅胸郭・胸椎の解剖学・機能解剖が苦手
✅呼吸介助手技がうまくできない
✅体幹を安定させる治療の引き出しが少ない

体幹機能不全の評価と治療介入~上部・下部胸郭に呼吸理学療法手技を応用する~ 講師:加藤太郎先生

開催情報

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ(主催者の詳細情報を見る)
日時
2024年09月14日

9:00~12:00
定員
100人

受講料
5000円/1人

メルマガ会員:5,000円
※メルマガはHPから登録して頂けます

会場

自宅受講

住所
自宅受講

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://katou-kokyu-taikan-3.peatix.com/

ホームページ

https://therafor.com/

こんなことを教えます

【体幹機能の評価と改善に、呼吸理学療法を応用するとはどういうことか?】

皆さんは体幹機能の評価では、何を重要視していますか?

安定性、可動性。

おそらくこの2点を評価している方が多いと思います。

安定性については筋力と姿勢・アライメントを評価する必要があります。

また可動性を評価するためには、脊柱の可動性に加え、胸郭の可動性も評価する必要があります。

ただ実際の短時間で評価から治療までする行う臨床では、評価も治療も後回しにされがちな傾向にあると思います。

しかし、体幹機能は日常生活動作のパフォーマンスを上げるために非常に重要であり、治療の優先順位を高くした方が良いのは皆様もご承知の通りです。

そこで今回、皆様にぜひ臨床に取り入れていただきたいのが、呼吸理学療法を応用した体幹機能の簡便な評価と運動療法です。

呼吸は体幹のアライメントや筋力と密接に関わっており、呼吸機能理学療法の知識や技術は、運動器の評価と治療にも応用が可能です。

今回ご紹介する評価と運動療法は、気軽に臨床に取り入れやすいものになっています。

ぜひ体幹機能を呼吸機能から捉える、新しい視点からの臨床知識と技術を、現場で活用していただければと思います。

ーーーーーーーー

◇講義内容

​1.楽に動ける身体とは何かを学ぶ
2.上部胸郭の機能解剖を学ぶ
3.上部胸郭の機能解剖から考えるアプローチを体験する
 - 上部胸郭と肩甲・胸郭関節、上肢帯との関係性を体感して介入方法を経験する
4.下部胸郭の機能解剖を学ぶ
5.下部胸郭の機能解剖から考えるアプローチを体験する
 - 下部胸郭と体幹機能(または体幹機能不全)との関係性を体感して介入方法を経験する
6.(時間が許す限り)臨床で使える知識と技術

ーーーーーーーー

◇アンケート

(PT10年目:満足度10/10点)
中々普段気にしないポイントについて意識が深まったこと、身体で確認しながら動画も拝見し、理解しやすかった。全て勉強になりました

(PT12年目:満足度10/10点)
実技動画を見ながらの説明で理解しやすく、胸郭の機能不全による身体への影響や呼吸療法の関係等の繋がりが興味深かったです。

当日の流れ

講師:加藤太郎先⽣ 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 病院 身体リハビリテーション部 理学療法士

経歴
2018年4月 - 現在 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター病院 身体リハビリテーション部 理学療法士
2012年4月 - 2018年3月 文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科 助手
2008年4月 - 2012年3月 独立行政法人国立病院機構 災害医療センター リハビリテーション科 理学療法士
2006年4月 - 2008年3月 独立行政法人国立病院機構 東京医療センター リハビリテーション科 理学療法士
2003年4月 - 2006年3月 特定医療法人ジャパンメディカルアライアンス 介護老人保健施設アゼリア リハビリテーション科 理学療法士
学歴
2010年4月 - 2012年3月 文京学院大学大学院 保健医療科学研究科 保健医療科学専攻
1999年4月 - 2003年3月 東京衛生学園専門学校 リハビリテーション科 2部
委員歴
2022年4月 - 現在 (公社)日本理学療法士協会 日本理学療法学術研修大会(第59回/東京)準備委員会 企画局 局員
2022年4月 - 現在 公益社団法人 東京都理学療法士協会 代議員
2021年4月 - 現在 小平市リハビリテーション協議会 学術部 次長
2018年3月 - 2021年3月 公益社団法人 日本理学療法士協会 ガイドライン・用語策定委員会 神経難病システマティックレビュー班(筋萎縮性側索硬化症)

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 など

受講料について

5000円/1人

メルマガ会員:5,000円
※メルマガはHPから登録して頂けます

受講する際は以下をお読み下さい

(持ち物と服装について)
WEB環境
筆記用具

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://katou-kokyu-taikan-3.peatix.com/

ホームページ

https://therafor.com/

体幹機能不全の評価と治療介入~上部・下部胸郭に呼吸理学療法手技を応用する~ 講師:加藤太郎先生

おすすめのセミナー