認知症をもつ人に対するリハビリテーション~意味のある作業とは?~

認知症をもつ方に対して療法士としてどのように関われば良いのかを講義形式で学ぶ時間となります。

  • Line
  • Hatena
認知症をもつ人に対するリハビリテーション~意味のある作業とは?~

開催情報

主催
リハガク(主催者の詳細情報を見る)
日時
2020年02月24日

10:00~16:00
定員
70人

受講料
9800円/1人

2人以上でのお申し込みで8800円での受け付けとなります。

会場

エル・おおさか 南1023

住所
〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14

申込方法

リハガクホームページよりお申込みください。

https://reha-gaku.com/

ホームページ

https://reha-gaku.com/

こんなことを教えます

【概要】
WHOの報告によると世界で認知症の人は2030年に6,570万人に達すると言われており、2050年には1億1,540万人に増加するとの試算が発表されました。

日本でも本年1月に、認知症の人の支援を進めるため政府が策定する「認知症国家戦略」で、2025年には65歳以上の約700万人が認知症になるとの新たな推計が発表され、ますます療法士が認知症をもつ人と関わる機会が増加していくことが予想されます。

本セミナーでは、認知症の病型や症状といった基礎から、コミュニケーション方法や作業療法を中心とした非薬物療法から認知症の予防までを学びます。特に、認知症疾患がメインの対象疾患ではない急性期や回復期病院に勤務されている療法士の方にも役に立つ内容となっております。

療法士として、認知症をもつ人との関わりで悩んでいる方や、急性期や回復期病院で認知症をもつ人にどのようなリハビリテーションを提供すれば良いのか悩んでいる方、あるいは興味のある方は是非参加してみてください。

【セミナーの内容】
〇認知症の基礎知識
〇認知症の原因について
〇認知症をもつ人の評価スケール
〇認知症をもつ人とのコミュニケーション
〇認知症をもつ人へのアプローチ方法
〇認知症をもつ人に対するアクティビティについて
〇認知症をもつ人のチームアプローチについて
〇認知症の予防について

<講師紹介>
氏名:松下 太 先生
所属:森ノ宮医療大学
学位:博士(医学) 
資格:作業療法士(認知症専門・認定作業療法士)

こんな方を対象としてます

認知症をもつ方に対する関わり方について学びたい方は是非ご参加下さい。

受講料について

9800円/1人

2人以上でのお申し込みで8800円での受け付けとなります。

申込方法

リハガクホームページよりお申込みください。

https://reha-gaku.com/

ホームページ

https://reha-gaku.com/

  • Line
  • Hatena
認知症をもつ人に対するリハビリテーション~意味のある作業とは?~