臨床実習教育のあり方・考え方~臨床実習教育の本質の理解とクリニカル・クラークシップ導入の実際~名古屋会場~

臨床実習教育に悩んでいる方のための道しるべ!

  • Line
  • Hatena
臨床実習教育のあり方・考え方~臨床実習教育の本質の理解とクリニカル・クラークシップ導入の実際~名古屋会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2020年03月22日

2020年3月22日(日)

10:00~16:00(受付9:30 ~)
定員
50人

受講料
12800円/1人

12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

株式会社gene 本社 セミナールーム

住所
愛知県名古屋市東区葵1丁目26-12 IKKO新栄ビル 6階

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:中川 法一 先生
   医療法人 増原クリニック 副院長
   一般社団法人 日本リハビリテーション臨床教育研究会 会長・理学療法士

【ねらい】
クリニカル・クラークシップの根拠となる教育学習理論と、療法士のために創造した具体的実践方法を学んでいただきますが、これらは職場での新人教育にも活用可能な内容です。

【講義概要】
私は約30年前から経験則に依存し、ガラパゴス的に展開されてきた臨床実習を検証し、社会に容認され教育効果のある臨床教育システムの構築をテーマに活動をしてきました。この度の指定規則改正で示された臨床参加型実習がそれに該当し、クリニカル・クラークシップ(CCS:Clinical clerkship system)として、単に方法論に留まらず実習体系としての提案を行ってきたのです。

しかし、慣れ親しんだ方法からの脱却は、真摯な検証を抜きにしては起こり得ず、パラダイムシフトという仮面をかぶった変装に過ぎず、教育効果の低い実習が展開される危惧を感じています。

本講義では、今までの臨床実習を社会的および教育学的側面から検証し、先ずパラダイムシフトの必要性を理解していただき、その上で、正統的周辺参加と認知的徒弟制という教育学習理論を概説し、CCSの体系基盤への理解を促していきます。最後に、時間管理下での働き方を余儀なくされている療法士のための、CCS実践方法の提案をいたします。

【プログラム】
午前  1.わが国における臨床実習の法的位置づけと従来型臨床実習の検証
    2.指定規則の改正(R2.4.1入学生に適応)が意味するもの

午後  1.CCSの理論基盤である、正統的周辺参加と認知的徒弟制
      段階的教育である見学-模倣-実施の原則
    2.診療参加型臨床実習の実践方法と留意点

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他

受講料について

12800円/1人

12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
臨床実習教育のあり方・考え方~臨床実習教育の本質の理解とクリニカル・クラークシップ導入の実際~名古屋会場~