運動系機能障害症候群の理学療法概論

生理学的体系としての運動系の機能障害によって表出される異常な運動、動作、そして疼痛、違和感、不安定感を評価し、評価に基づく理学療法介入の基礎を紹介する。

  • Line
  • Hatena
運動系機能障害症候群の理学療法概論

開催情報

主催
リハテックリンクス株式会社(主催者の詳細情報を見る)
日時
2020年03月21日

2020年3月21日(土曜日)10:00~16:00予定

10:00~16:00予定
定員
40人

受講料
11000円/1人

銀行振込/クレジットカード

会場

リハテックリンクスセミナールーム

住所
渋谷区幡ヶ谷1丁目8−3VORT幡ヶ谷6F

申込方法

お申し込みは、下記の弊社HPよりお申し込みください。

【お問い合わせ先】
Rehatech Links株式会社 
講習会事務局 大北 潤

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷1丁目8-3
VORT幡ヶ谷6F
TEL 03-6300-0490
E-mail info@rehatech-links.com

こんなことを教えます

【運動系】とは身体やその構成部分の運動を創りだす,身体の生理学的体系,運動と動作に関与する構造体の機能的な相互作用と定義される。【機能】とは、運動生成に関与する組織・器官・生理学的体系が織り出す機能であり、【機能障害】とはそれらの機能の著しい変調もしくは喪失の状態をいう。【症候群】とは、同時に起こる一連の症状と徴候である。これらの症状は,いずれも必ず起るとはかぎらないが,同一の根本原因から発するものとして一つの方向を示し,まとまった病状や疾病の本質に近づくための出発点となる。つまり本講座では、生理学的体系としての運動系の機能障害によって表出される異常な運動、動作、そして疼痛、違和感、不安定感を評価し、評価に基づく理学療法介入の基礎を紹介する。

「講座の内容」
1 理学療法の歴史的変遷
2 障害モデル
3 病理-運動機能障害モデルと運動機能障害-病理モデル
4 理学療法介入の目的
5 理学療法評価の原則
6 理学療法治療介入の原則
7 理学療法介入の実際
 i. 症候学的治療介入と障害学に基づく介入
 ii. 因果論に基づく組織・器官の機能障害に対する理学療法の実際
  (1) 徒手理学療法
  (2)運動療法
  (3) 物理療法
 iii. 運動学習に基づく運動系の機能障害に対する理学療法の実際

こんな方を対象としてます

受講料について

11000円/1人

銀行振込/クレジットカード

申込方法

お申し込みは、下記の弊社HPよりお申し込みください。

【お問い合わせ先】
Rehatech Links株式会社 
講習会事務局 大北 潤

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷1丁目8-3
VORT幡ヶ谷6F
TEL 03-6300-0490
E-mail info@rehatech-links.com

  • Line
  • Hatena
運動系機能障害症候群の理学療法概論