【開催中止】脳卒中者に対する身体機能へのアプローチ~上肢機能の改善のためにセラピストが理解しておくべきことと介入の実際~東京会場~

【実技あり!】脳卒中による成人片麻痺者の上肢機能に認められる傾向を理解し、問題解決のポイントと実践を学び体験することができる

  • Line
  • Hatena
【開催中止】脳卒中者に対する身体機能へのアプローチ~上肢機能の改善のためにセラピストが理解しておくべきことと介入の実際~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2020年12月12日

2020年12月12日(土)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
50人

受講料
12800円/1人

12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前の朝8:00以降からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

林野会館 6階 604会議室

住所
東京都文京区大塚3-28-7

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:髙橋 栄子 先生
   株式会社 東京リハビリテーションサービス・作業療法士

【ねらい】
脳卒中による成人片麻痺者の上肢機能に認められる傾向を理解し、
問題解決のポイントと実践を学び体験することができる

【講義概要】
人間の上肢・手は、物を力強く操作したり、
繊細で探索的に操作する役割を担うだけではなく、身体のバランスをとる役割や
人とのコミュニケーションを深める役割など多くの機能を担っています。

そのため、脳卒中による成人片麻痺者の上肢手に対する治療は、
出来るだけ早期から滞ることなく行われる事が重要となりますし、
患者様とセラピストの根気が必須となります。

成人片麻痺者の上肢・手は、片麻痺者特有の代償的な姿勢戦略の影響を受けやすく、
患者様の本来持ち得ている潜在能力が発揮されにくい状態になっています。

臨床で患者様の潜在能力を引き出すためには、筋緊張の調整、
皮膚・筋群のアライメントの修正、選択的な関節運動の促通、
効率的な物品操作等の多くの地道な介入が必要になってきます。

本講義では、片麻痺者の肩甲帯、肩、肘、手関節、手における傾向を具体的に
提示し、臨床において、どの様な問題につながっているのか整理していきます。

そして、問題解決に向けたポイントを学び実践力を高めるために、
座学ではなく実技を多く組み込んだ構成になっています。

【プログラム】
午前 ・成人片麻痺者の問題の考え方
   ・肩甲帯・肩周囲の問題と解決に向けたポイント

午後 ・肘・前腕・手関節の問題と解決に向けたポイント
   ・手の問題、対象操作の問題と解決に向けたポイント

※プログラムに追加・変更になる場合があります。

【必要物品】
・鉛筆
・消しゴム
・タオル(スポーツタオルサイズのもの)
・ペットボトル 500ml程(中身の入った状態)
※会場には、自動販売機もございます。
 空のペットボトルをお持ちの場合は、当日に会場のお手洗いで水をご用意ください。 
 
実技あり:動きやすい服装(Tシャツ・ジャージ等の衣服)

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・その他

受講料について

12800円/1人

12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前の朝8:00以降からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
【開催中止】脳卒中者に対する身体機能へのアプローチ~上肢機能の改善のためにセラピストが理解しておくべきことと介入の実際~東京会場~

おすすめのセミナー