【終了しました】介護・看護現場でのターミナル期のいのちをつなぎ生ききるための看取り援助セミナー(東京会場)

地域包括ケアシステムの推進により、病院・施設サービス・在宅サービスのそれぞれには新たな役割が求められており、看取りの場の仕組みづくりとして医療・介護が連携する期待度は、年々大きくなっています。だからこそ、医療・介護職は高齢者の想いに寄り添い支援し、大往生をマネジメントできるプロとなりましょう。このセミナーでは、看取りの場の仕組みづくりのヒントになる事例をたくさんご紹介いたします。

  • Line
  • Hatena
介護・看護現場でのターミナル期のいのちをつなぎ生ききるための看取り援助セミナー(東京会場)

開催情報

主催
日本通所ケア研究会/福山認知症ケア研究会(主催者の詳細情報を見る)
日時
2020年04月26日

10:30~15:30
定員
20人

受講料
11000円/1人

(税・資料代込み)

会場

LMJ東京研修センター

住所
東京都文京区本郷1-11-14小倉ビル

申込方法

公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://www.tsuusho.com/nurselist/terminal/

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

こんなことを教えます

「その人らしさ」や「当たり前」の暮らしの尊重

■午前 10:30~12:30
・看取りができない理由の解明
・看取り援助の説明と理解
・「医療」と「生活の場」の違いをどう説明すると理解されるのか
・本人の望む最期を実現するために
・多職種、家族を含めた看取りチームをつくるために
・職員が不安にならない仕組みづくり「看取り介護委員会」
・死生観教育と職員個人の死生観
・情報共有するための看取り介護家族勉強会
・対象者の人生の歴史を知る

■午後 13:30~15:30
・看取り介護加算の要件をエビデンスに
・看取りケアの具体例
・生き様と死に様の事例紹介
・本人がやり残したことがないような支援事例
・看取り介護の最終日に価値を持たせる意味
・スタッフが楽しく援助できなければお年寄りは幸せになれない
・HAPPYを追求する「生ききるための看取り援助」
・情報交換
あるある!わかる~!同じ立場だからこそ分かり合えるざっくばらんの講師・参加者の情報交換

<詳細はこちらからご確認ください>
https://www.tsuusho.com/nurselist/terminal/

こんな方を対象としてます

リハ職、看護師、介護職など

受講料について

11000円/1人

(税・資料代込み)

受講する際は以下をお読み下さい

・お申し込み後のご案内は「メール」「郵送」「FAX」いずれかの方法にてお送りいたします
・お申し込み後、1週間を経過しても入金案内が届かない場合は、事務局までご連絡ください
・参加費の納付を持って正式申し込みとなります
・天災、主催者都合で中止となる場合は全額ご返金いたします
・ご入金後のお客様都合での参加費の返金はいたしかねますが、参加者の変更は可能です
・席順は研修当日の着席順となります
・お申し込み時にいただいた情報は、当会の管理・運営のみに使用いたします

申込方法

公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://www.tsuusho.com/nurselist/terminal/

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

  • Line
  • Hatena
介護・看護現場でのターミナル期のいのちをつなぎ生ききるための看取り援助セミナー(東京会場)