(東京会場)​運動器・中枢神経疾患の歩行改善のための運動制御 〜徒手療法とPNFを用いて〜​

運動の本質である可動性と安定性を評価し、改善できるようにならないといつまで経っても臨床で望む結果を出せるようにはなりません。

なぜなら身体のすべての運動が、可動と固定という要素で構成されているからです。

つまり運動制御(可動性と安定性)について理解し、そこにアプローチしていくことに、どうすれば良くなるんだ、という悩みを解決するヒントが隠されているのです。

  • Line
  • Hatena
(東京会場)​運動器・中枢神経疾患の歩行改善のための運動制御 〜徒手療法とPNFを用いて〜​

開催情報

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ(主催者の詳細情報を見る)
日時
2020年09月06日

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
30人

受講料
12000円/1人

料金:(一般会員)15000円 (メルマガ会員)12000円 
※メルマガ会員は以下から登録して頂けます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=310100

会場

会場:帝京科学大学 予定 https://www.ntu.ac.jp/access/senju/index.html

住所
〒120-0045 東京都足立区千住桜木2-2-1

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/eguchi-1-3-2-2/

ホームページ

https://therafor.com/

こんなことを教えます

どうしてもっと良くできないんだ!・・・セラピストにとっていつもつきまとう悩みですよね。

同じセラピストとして、よく分かります。

しかし、いくら熱心に勉強したとしても運動の本質である可動性と安定性を評価し、改善できるようにならないといつまで経っても臨床で望む結果を出せるようにはなりません。

なぜなら身体のすべての運動が、可動と固定という要素で構成されているからです。

つまり運動制御(可動性と安定性)について理解し、そこにアプローチしていくことに、どうすれば良くなるんだ、という悩みを解決するヒントが隠されているのです!

 

運動制御についてもう少し詳しく見てみましょう。
 
ほとんどの運動器の異常は、安定すべきところが動きすぎたり、動くべきところの動きが制限されてしまうことで起こります。
 
それは下記のように分類されます。


A どこの可動性が必要か
(どの筋・関節を動かさせるか?)

B どこの安定性が必要か
(どの筋を活性させるか?)

C 安定性が保障された中での可動性があるか
(どう筋出力を協調させるか?)
これは運動器疾患でも、中枢系疾患でも同じです。
  
安定させるべきところを安定させ、可動すべきところを可動させることにおいてPNFは優れています。 
 
また深部感覚へのアプローチ、協調性の改善など使えるテクニックなどもあり、臨床で役立つ場面が多々あります。 

実際に松井秀喜さん、野茂英雄さん、草刈民代さん、伊達公子さんなどの著名人が、身体のメンテナンス、パフォーマンス向上に取り入れてます。 
 
これだけ取り入れらているのは高いリハビリ効果、高いパフォーマンス効果が認められているからです。 

このセミナーでPNFコンセプトをもとにした評価とアプローチ法を学び、臨床にどのように生かせば良いのか、ヒントをたくさんつかんで帰っていただきたいと思います。
 

1~3回のどの回からでも参加できます。

1回目 運動器・中枢神経疾患の上肢機能改善のために行う上部体幹の運動制御

2回目 運動器・中枢神経疾患のADL改善のために行う下部体幹の運動制御

3回目 運動器・中枢神経疾患の歩行改善のための運動制御

筋力強化・可動性の調整・神経促通など、その応用範囲は幅広く、即時効果も得られやすいので、臨床の様々な場面で効果を発揮してくれることでしょう!

今回は実技を多く取り入れた内容になっており参加できる人数を制限する必要がありますので、お早めにお申し込みください。

当日の流れ

2000年 理学療法士免許取得後、総合病院、老健、訪問、養成校非常勤講師を経験
2008年 カリフォルニア州・カイザーリハビリテーションセンターにて PNF 9ヶ月コース修了、国際PNF協会認定セラピストとなる
2009年 自費診療分野へ入職、クラインフォーゲルバッハ運動学アドバンスコース修了
2015年 ドイツ筋骨格医学会認定セラピストとなる
2018年 国際PNF協会認定インストラクター候補者となる

中枢神経疾患、運動器疾患(腰・膝・股・肩など)、スポーツ(ゴルフ・テニス・野球・スキー・相撲など趣味レベル〜トップアスリート)、ダンサー、音楽家、芸術家など幅広い臨床経験を持ちながら講習会活動を行っている。またメンタルトレーナーとしても活動し人の体と心が元気になることをライフワークとしている。

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 など

受講料について

12000円/1人

料金:(一般会員)15000円 (メルマガ会員)12000円 
※メルマガ会員は以下から登録して頂けます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=310100

受講する際は以下をお読み下さい

(持ち物と服装について)
持ち物は動きやすい服装、筆記用具です。

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/eguchi-1-3-2-2/

ホームページ

https://therafor.com/

  • Line
  • Hatena
(東京会場)​運動器・中枢神経疾患の歩行改善のための運動制御 〜徒手療法とPNFを用いて〜​