体幹と骨盤の評価と運動療法-ビデオ教材予約-

この講習会は、収録・編集を行い販売されるビデオ教材です。
ご利用方法は、詳細に事前案内いたしますので安心してご利用ください。

  • Line
  • Hatena
体幹と骨盤の評価と運動療法-ビデオ教材予約-

開催情報

主催
リハテックリンクス株式会社(主催者の詳細情報を見る)
日時
2020年08月01日

(土曜日)

10:00~配信開始
定員
100人

受講料
8000円/1人

銀行振込/クレジット決済

会場

リハデミー(復習用動画閲覧ページ)

住所
収録地:東京都渋谷区幡ヶ谷1丁目8−3VORT幡ヶ谷6F

申込方法

お申し込みは、下記の弊社HPよりお申し込みください。

【お問い合わせ先】
Rehatech Links株式会社 
講習会事務局 大北 潤

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷1丁目8-3
VORT幡ヶ谷6F
TEL 03-6300-0490
E-mail info@rehatech-links.com

こんなことを教えます

講師:鈴木俊明先生
   理学療法士
   関西医療大学 保健医療学部
   理学療法学科 学科長

【配信に関して】
この講習会は、収録・編集を行い販売されるビデオ教材です。
ご利用方法は、詳細に事前案内いたしますので安心してご利用ください。

■体幹と骨盤の評価と運動療法
運動と医学の出版社から出版させていただいた「体幹・骨盤の評価と運動療法」の内容に関して紹介する。体幹筋の神経・筋機能を正常化させるためには、動作にともなう体幹筋の正しい働きを知ることが重要である。健常者の体幹筋の作用は、座位、立位において異なっている。特に、座位、立位での側方移動にともなう内腹斜筋の働きは活動する線維が全く異なる。
このような違いを理解することで、適切な体幹筋のトレーニングを行うことができるわけである。要するに正しい評価ができるかが重要である。今回は、体幹・骨盤の評価を中心に紹介する。

■-動作分析 -運動と現象-
動作分析は理学療法、作業療法の評価において重要な部分をしめる。その際に、起きている動作が、運動であるか、それとも運動から作り出された現象であるか明確にする必要がある。例えば「立位で股関節屈曲にともない体幹前傾する」という際に、体幹前傾は現象であり、股関節屈曲は運動である。体幹前傾の原因は股関節を屈曲させる機能障害が問題である。このように、動作分析から機能障害をだせるためには、動作の運動と現象を明確に知ることが重要となる。

こんな方を対象としてます

受講料について

8000円/1人

銀行振込/クレジット決済

申込方法

お申し込みは、下記の弊社HPよりお申し込みください。

【お問い合わせ先】
Rehatech Links株式会社 
講習会事務局 大北 潤

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷1丁目8-3
VORT幡ヶ谷6F
TEL 03-6300-0490
E-mail info@rehatech-links.com

  • Line
  • Hatena
体幹と骨盤の評価と運動療法-ビデオ教材予約-

おすすめのセミナー