【財前知典先生・園部俊晴先生】運動連鎖を臨床に活かす(Zoomセミナー・ライブ)

運動と医学の出版社が主催しています「動きと痛みLab」では、財前知典先生・園部俊晴先生「運動連鎖を臨床に活かす」のZoomセミナーをライブで開催します。

  • Line
  • Hatena
【財前知典先生・園部俊晴先生】運動連鎖を臨床に活かす(Zoomセミナー・ライブ)

開催情報

主催
株式会社運動と医学の出版社(主催者の詳細情報を見る)
日時
2020年09月27日

10:00~15:30
定員
500人

受講料
8000円/1人

一般・ウェブ会員:8,000円、アカデミー会員:4,000円 ゴールド会員:無料

会場

インターネット環境があればどこでも視聴していただけます。

住所
川崎市宮前区宮崎2-7-51リーセントパレス宮崎203

申込方法

下記URLにアクセスしていただき、お申込みフォームから
ご応募してください。
https://ugoitalab20200927.peatix.com/

ホームページ

https://ugoitalab.com/

こんなことを教えます

【上肢と体幹の運動連鎖】
財前知典先生(10:00~12:15)
●運動連鎖は臨床を構築する上で非常に有用な概念である。運動連鎖を理解すると臨床展開が速くなり、臨床推論や問題点の統合と解釈の幅も広がる利点がある。特に体幹は身体最大の質量を持つ部位であり、運動連鎖を用いて体幹を良方向にコントロールすることは臨床効果を向上させる上で大きな意味を持つ。また、上肢は鎖骨や肩甲骨を介して体幹と連結する部位であり、上肢の機能向上は体幹機能や呼吸機能を考える上で必要不可欠である。つまり上肢と体幹はお互いに影響しあう関係にある。上肢の運動連鎖を理解し実施することは、上肢の問題だけでなく体幹の機能向上にも役立ち、反対に上肢の問題点が残存していると、いくら体幹部にアプローチしても体幹の機能向上は望めない。お互いの良方向の運動連鎖を理解することで臨床の幅と質を向上させることができる。
【到達目標】 
●体幹と四肢の関係性を理解する
●良方向の運動連鎖評価方法を学習する
●体幹と上肢の関わりを理解する

【下肢の運動連鎖】
園部俊晴先生(13:15~15:30)
私の真骨頂は体幹機能の改善です。臨床で実際に行っている実態を紹介します。リハビリやスポーツ医療に携わっているセラピストは、誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを知っています。しかし、体幹の機能異常がどのように動作にリンクしているのか、また下肢の運動連鎖とどのように関連し合っているのかを理解しているセラピストはほとんどいません。今回は「体幹の見方と誘導方法」「体幹のマルアライメントの改善方法」「下肢の運動連鎖との関連」について、運動療法とインソールパッドの考え方を中心に説明します。

【具体的内容】
1.私の考える体幹の見方
2.体幹のマルアライメント改善の考え方
3.下肢の運動連鎖との関連
4.運動療法とインソールの考え方

【到達目標】
1.体幹のマルアライメントの考え方を理解する。
2.改善方法を知り、臨床で実践できる。

当日の流れ

【上肢と体幹の運動連鎖】
財前知典先生(10:00~12:15)
【下肢の運動連鎖】
園部俊晴先生(13:15~15:30)

こんな方を対象としてます

受講料について

8000円/1人

一般・ウェブ会員:8,000円、アカデミー会員:4,000円 ゴールド会員:無料

申込方法

下記URLにアクセスしていただき、お申込みフォームから
ご応募してください。
https://ugoitalab20200927.peatix.com/

ホームページ

https://ugoitalab.com/

  • Line
  • Hatena
【財前知典先生・園部俊晴先生】運動連鎖を臨床に活かす(Zoomセミナー・ライブ)