【河端将司先生】末梢神経の走行から考える関節機能障害に対する運動療法 ”エコーとハイドロリリースから得た知見と実践”(Zoomセミナー・ライブ)

運動と医学の出版社が主催しています「動きと痛みLab」では、河端将司先生「末梢神経の走行から考える関節機能障害に対する運動療法」のZoomセミナーをライブで開催します。

  • Line
  • Hatena
【河端将司先生】末梢神経の走行から考える関節機能障害に対する運動療法 ”エコーとハイドロリリースから得た知見と実践”(Zoomセミナー・ライブ)

開催情報

主催
株式会社運動と医学の出版社(主催者の詳細情報を見る)
日時
2020年11月01日

10:00~13:00
定員
300人

受講料
5000円/1人

一般・ウェブ会員:5,000円、アカデミー会員:2,500円 ゴールド会員:無料

会場

オンライン

住所
川崎市宮前区宮崎2-7-51リーセントパレス宮崎203

申込方法

下記URLにアクセスしていただき、お申込みフォームから
ご応募してください。
https://ugoitalab20201101.peatix.com/

ホームページ

https://ugoitalab.com/

こんなことを教えます

関節の疼痛や機能障害はさまざまな要因が複雑に絡み合い,ときに病態解釈が難しいことがあります。私たちは医師による「末梢神経へのハイドロリリース」と,理学療法士による「末梢神経の走行に基づく関節運動療法」を軸に治療戦略を試行錯誤してきました。現状では,次の2点で捉えると痛みを伴う関節機能障害を矛盾なく解釈できると考えています。

1.末梢神経—筋腱—関節を複合体として捉えること
2.末梢神経のentrapment (滑走・伸張障害を含む)を解消して末梢神経の長軸への滑走を促すこと

これらの考え方は,エコーが末梢神経を視覚化した恩恵と,ハイドロリリースが末梢神経の痛みを即時的に改善させる現象から導き出した『関節機能障害の新たな捉え方』だと思います。筋や関節の動態だけでは説明できない症状はもちろん,末梢神経の走行を軸に痛みを伴う関節機能障害を捉えると,今まで見えなかった世界がひらけると信じています。

セミナーでは,肩関節や肘関節を中心に(時間によっては下肢関節含む),末梢神経の解剖から,エコー動態,疼痛評価,運動療法の展開について,理論と実践をお伝えする予定です。

こんな方を対象としてます

受講料について

5000円/1人

一般・ウェブ会員:5,000円、アカデミー会員:2,500円 ゴールド会員:無料

受講する際は以下をお読み下さい

「Zoom」を使用して、ライブ配信します。
<参加条件>
お顔・お名前が見える状態でのご参加になります。
事前にお使いのPCやタブレット端末等に「Zoom」アプリをインストールしていただきます。

申込方法

下記URLにアクセスしていただき、お申込みフォームから
ご応募してください。
https://ugoitalab20201101.peatix.com/

ホームページ

https://ugoitalab.com/

  • Line
  • Hatena
【河端将司先生】末梢神経の走行から考える関節機能障害に対する運動療法 ”エコーとハイドロリリースから得た知見と実践”(Zoomセミナー・ライブ)