PTOTSTのニュースレター

【WEB 3時間】荒川 高光先生-解剖学に基づいた病態把握およびクリニカルリーズニング~体幹編1総論~

皆さんの解剖学的知識は教科書レベルで止まっていないでしょうか。それはあまりにもったいなく、リスクが高い状態です。 
例えばパソコンのソフトや携帯アプリのは常に最新にアップデートされていないと不具合にもつながり、最大パフォーマンスを発揮することはできません。ちなみにリスクが高い状態というのは、臨床家が知識と技術をアップデートしないことで、患者さんが更に改善できたかもしれない機会を失うということです

  • Line
  • Hatena
【WEB 3時間】荒川 高光先生-解剖学に基づいた病態把握およびクリニカルリーズニング~体幹編1総論~

開催情報

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ(主催者の詳細情報を見る)
日時
2021年05月16日

9:00~12:00(受付8:30~)
定員
100人

受講料
5000円/1人

料金:(一般) 7000円 (メルマガ会員)5000円
※メルマガ会員は以下から登録して頂けます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=310100

会場

自宅でのWEBライブ受講

住所
自宅でのWEBライブ受講

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/arakawa-taikan-1/

ホームページ

https://therafor.com/

こんなことを教えます

『学校で習った解剖学はあくまで教科書的なものであって実際とは違うことが多い』 

きっとこのような話を一度は聞いたことがあると思います。 

「どうせ大した違いなんてないでしょ」

とあまり気にしておられないかもしれません。

もちろん気に留める必要もないようなものもあります。

しかし教科書に掲載されているものは、あくまで平均に近いと考えられるモデルであり、

遺体から分かる実物の解剖学とは別物です。

生きた知識となかなか言えないのは、実力の高いセラピストが、国内外の様々な論文や文献から最新知見を手に入れることに熱心なことからも伺えます。

間違いなく言えるのは、正しい解剖学の知識を手に入れることはとても重要です。 

なぜなら臨床でより具体的かつ正確な病態把握ができるようになったり

より高い運動療法の効果が得られる可能性があるからです。

 

皆さんの解剖学的知識は教科書レベルで止まっていないでしょうか。

それはあまりにもったいなく、リスクが高い状態です。 

例えばパソコンのソフトや携帯アプリのは常に最新にアップデートされていないと不具合にもつながり、最大パフォーマンスを発揮することはできません。

ちなみにリスクが高い状態というのは

臨床家が知識と技術をアップデートしないことで、患者さんが更に改善できたかもしれない機会を失うということです。

パソコンや携帯と同じように、臨床家の解剖学的知識もまた常に最新にアップデートされているべきです。

それは臨床における評価とアプローチがアップデートされることにつながります。

結果として患者さんは、もっと良くなる可能性が高まります。

本講義はリアルな解剖学に精通し、臨床と結びつけて解説してくださる荒川先生にお願いしました。

臨床で問題となる体幹部の構造を根本から見直しつつ、最新の知見をプラスして、病態把握およびクリニカルリーズニングにつなげるための講義をしていただきます。

今回のセミナーが皆様の臨床における体幹部の病態を把握することや治療方針を考え直す機会となれば幸いです。

【講義予定内容】

・「体幹」の定義:『体幹筋トレーニング』って解剖学的にどこのこと?

・腹直筋と腹直筋鞘:肋骨骨折でくしゃみすると痛いのはなぜ?

・固有背筋とは?:広背筋は解剖学的には背筋ではない

・広背筋の個体差:プッシュアップは全員できるわけではない

・脊柱起立筋は本当に脊柱を起立させるのか?

・腰部で多裂筋が問題になるのはなぜか?

・・・etc

当日の流れ

講師:荒川高光先生
(神戸大学大学院,保健学研究科,准教授,理学療法士,死体解剖資格者)

現在、神戸大学医学部保健学科で看護学専攻、検査技術科学専攻、理学療法学専攻、作業療法学専攻に解剖学の講義、および人体解剖学実習の指導を担当。医学部医学科の解剖学の講義を分担、人体解剖学実習の指導を担当
1994年3月 名古屋大学医療技術短期大学部 理学療法学科 卒業
1999年3月まで5年間 ボバース記念病院にて臨床に従事
大学院に進学し、2006年3月に神戸大学大学院医学系研究科 神経発生学分野 博士課程修了。博士(医学)を授与される。
その後神戸大学医学部保健学科の教員に採用され、現在に至る。
2007年 日本解剖学会奨励賞
2019年 APSBMS よりAward受賞
指導した学生が、解剖学会および霊長類学会で最優秀発表賞など多数受賞。
英文論文計34編出版済み。

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 など

受講料について

5000円/1人

料金:(一般) 7000円 (メルマガ会員)5000円
※メルマガ会員は以下から登録して頂けます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=310100

受講する際は以下をお読み下さい

(持ち物と服装について)
WEB環境
筆記用具

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/arakawa-taikan-1/

ホームページ

https://therafor.com/

  • Line
  • Hatena
【WEB 3時間】荒川 高光先生-解剖学に基づいた病態把握およびクリニカルリーズニング~体幹編1総論~

おすすめのセミナー