【終了しました】歩行の再考~CPGの評価・介入の臨床応用part1~

講師:中山 直樹 先生 四国医療専門学校 専任教員 / 脳と動きの研究所 みふぁラボ / 理学療法士

  • Line
  • Hatena
歩行の再考~CPGの評価・介入の臨床応用part1~

開催情報

主催
EPoch / 株式会社Rebel Flag(主催者の詳細情報を見る)
日時
2021年11月26日

20:00-21:30
定員
40人

受講料
4400円/1人
会場

オンラインにて行います。

住所
オンラインにて行います。

申込方法

弊社申し込みフォームにてお申し込みをお願い致します。

こんなことを教えます

●●●歩行の基本的リズムを構成するCPGについて徹底解説します●●●

歩行の評価・介入時によく耳にするCPG(Central Pattern Generator)=中枢パターン発生器・・・

学会発表の考察の部分で安易に『CPG』と使っているのを見た(聞いた)ことはありませんか?

長下肢装具でのリズミカルな歩行であればCPGが賦活された・・・

左右対称的な二動作前型歩行であればCPGが効いている・・・

生体力学的・神経生理学的な構成要素を考慮した評価に基づいた上で『CPGが効いている』とするべきと考えます。

『歩行の再考』第3回目となる本セミナーでは、CPGに対する評価・介入をどのように症例に応用するのかについて、装具なし歩行が自立していても長下肢装具歩行運動を活用した症例を提示しながらお伝えします!!

明日からの臨床で、自信を持って『CPG』と言えるようになってみませんか?

※本セミナーの内容の一部や過去のセミナーの内容をブログに掲載中!!

https://blog.ep-och.com/search?q=%E4%B8%AD%E5%B1%B1

≪こんなセラピストにオススメ≫

・『CPG』という言葉を安易に使ってしまっている・・・

・運動学・解剖学・生理学的な視点から歩行を解釈したい!!

・生体力学と神経生理学的な解釈の繋がりの引き出しを増やしたい!!

・10m歩行時間や6分間歩行距離などの指標を用いて歩行を評価していることが多い!!

・上肢活動の向上を図るためのOTプログラムに歩行を活かしたい!!

≪プログラム≫

・上肢からCPGを賦活する驚異の脊髄固有ニューロン!?

・歩き始めを安定させるCOPの逆応答現象の活用術とは?

・二重課題中の認知課題はワーキングメモリーが突破口!!

・装具なし歩行が自立していても長下肢装具歩行運動を活用した症例

・長下肢装具歩行運動へのひと工夫って?

こんな方を対象としてます

受講料について

4400円/1人

申込方法

弊社申し込みフォームにてお申し込みをお願い致します。

  • Line
  • Hatena
歩行の再考~CPGの評価・介入の臨床応用part1~

おすすめのセミナー