【終了しました】【シリーズ】人工呼吸器装着患者の理解と呼吸器の知識| エポック呼吸リハスクール疾患編#1257

講師:堀越 一孝 先生

湘南藤沢徳洲会病院 / 理学療法士
3学会合同呼吸療法認定士

  • Line
  • Hatena
【シリーズ】人工呼吸器装着患者の理解と呼吸器の知識| エポック呼吸リハスクール疾患編#1257

開催情報

主催
EPoch / 株式会社Rebel Flag(主催者の詳細情報を見る)
日時
2022年04月13日

2022年4月13日、20日(水)20:00-21:30【オンライン開催】

20:00-21:30
定員
40人

受講料
6600円/1人

6600円税込)

会場

オンラインにて行います。

住所
オンラインにて行います。

申込方法

弊社申し込みフォームにてお申し込みをお願い致します。

こんなことを教えます

※本セミナーは数回シリーズで開催します。

初級編未受講でもご参加いただけますので奮ってご参加ください。

我が国の人口は2025年を境に減少傾向に傾く一方で、高齢化率は年々上昇の一途を辿ります。

また、肺炎、誤嚥性肺炎、慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD)で死亡する方は年々増加しています。

つまり、我々セラピストが関わる患者様やご利用者様は様々な疾病を重複して抱えておられる傾向が増加してくるのです。

  

つまり、セラピストには呼吸器疾患の知識は必要になってくるのです。

あなたは呼吸器疾患が合併しているもしくは心疾患が合併している患者様を担当したことはありませんか?

その時のフィジカルサインやアセスメントをきちんとできていますか?

本シリーズセミナーは呼吸器の知識をある程度保持している上で、

様々な臨床的な知識、疾患的な知識を補完しつつフィジカルアセスメントを行えるように学びます。

その上で呼吸介助方法や運動療法など臨床の中で明日から使える知識をご提供します。

人工呼吸器装着患者にどのように対応すべきか学べます

人工呼吸器を装着した患者様のリハビリを担当したことはありますか?

様々な機器が装着されており、何をどのように理解すればいいかわからない

と感じるセラピストは多いはずです。

しかし、考え方を変えてみると、呼吸器がついていると安全なのです。

なぜなら患者様の呼吸状態を視覚的に、数値的に理解することができるのですから。

そのためには人工呼吸器のシステムと、呼吸器が表示する情報の見かたを覚える必要があります。

本セミナーでは人工呼吸器の危機の見かたや

何をサポートしているのかを理解することができます。

もしあなたが人工呼吸器を理解したいと考えているのであればおすすめのセミナーです

<プログラム>

人工呼吸器の仕組みを理解するための生理学
換気のメカニズム
コンプライアンスについて
気道抵抗について
低酸素血症について
なぜ人工呼吸器が必要なのか? その病態について理解する
人工呼吸器の歴史
人工呼吸器は何をしてくれるのか?
正常呼吸と人工呼吸の違い 換気のメカニズムの違いを理解する

こんな方を対象としてます

受講料について

6600円/1人

6600円税込)

申込方法

弊社申し込みフォームにてお申し込みをお願い致します。

  • Line
  • Hatena
【シリーズ】人工呼吸器装着患者の理解と呼吸器の知識| エポック呼吸リハスクール疾患編#1257

おすすめのセミナー