【赤羽根良和先生の考える】肩甲帯機能不全と肩関節障害の評価・運動療法-現在の私の考え方

※復習動画・実技動画・復習PDF(約20P)プレゼント【WEB 3時間】
根拠のある評価と治療ができるようになっていただきます

  • Line
  • Hatena
【赤羽根良和先生の考える】肩甲帯機能不全と肩関節障害の評価・運動療法-現在の私の考え方

開催情報

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ(主催者の詳細情報を見る)
日時
2022年07月10日

9:00~12:00
定員
100人

受講料
6000円/1人

メルマガ会員:6,000円 再受講:3,000円
※メルマガはHPから登録して頂けます

会場

自宅受講

住所
自宅受講

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/akabane-kenkoutai-3-2/

ホームページ

https://therafor.com/

こんなことを教えます

<赤羽根先生の講習会の特徴>  

1 臨床に必ず必要になる機能解剖学の知識、海外の文献による研究データが豊富で分かりやすい! 
2 全ての話が臨床で実践し結果を出した内容なので信頼度できる!
3 様々な部位、場面で応用できる本質的な考え方を学べる! 
4 どんな質問にも分かりやすく答えてもらえる!
5 すぐにでも臨床で結果を出せるように、分かりやすく、実践できるように構成されている!

赤羽根先生は生粋の臨床家なので臨床にトコトンこだわった内容になっています。 

赤羽根良和先生の講習会は本当に分かりやすく、実技の指導が丁寧なので、いつも満足度は100%です。 

多くの方が臨床で悩みやすい部分にフォーカスした内容なので、今回の講義の中で解決のヒントを見つけていただけるものと思います。

   
◇的確な評価、改善のために必要な解剖学の正しい知識

◇機能障害が起きる機序、特徴

◇機能障害、廃用の予防、改善方法

◇評価と治療に必要な触診、治療技術 

など臨床で必要なことを学ぶことができます。

【参加者の声】 
・説明が丁寧で、実技も豊富だったので、とても分かりやすく充実した講習会でした
・講義と実技のバランスが良く実技練習ができて良かったです。ランドマークを取りながら触診できたことで、今まであやふやだったものが明確になりました
・早く治療したい気持ちになりました
・筋、神経に関する細かい説明が理解しやすかった
・理解しやすく、実技も丁寧に教えていただきありがとうございました
・疾患、評価、治療について分かりやすく、面白かった

【前回講習会の内容】※毎回大きく内容をバージョンアップしているため過去開催分の内容を掲載しています
・疼痛を評価する
・軟部組織の層構造
・疼痛を引き起こす組織
・脊柱起立筋
・関節の運動方向
・頸椎棘突起の触診方法
・環椎後頭関節
・頸椎椎間節の傾斜角度
・後頭下筋群の解剖
・頭半棘筋の解剖
・大後頭神経の走行
・固有背筋内側群の解剖
・斜角筋の解剖
・斜角筋を深堀する
・胸鎖乳突筋の解剖
・頸神経叢前肢の皮枝
・後頭部・頸部の支配領域
・項部の局所解剖
・胸鎖乳突筋を深堀する
・副神経を深堀する
・C5神経の解剖学的特徴
・前鋸筋上部線維の解剖学的特徴
・中斜角筋を貫通する肩甲背神経
・肩甲背神経の走行
・【エコー画像】WAD側屈制限
・【エコー画像】症例① 側屈制限(肩甲挙筋:長軸)
・【エコー画像】症例② 側屈制限(肩甲挙筋:長軸)
・【エコー画像】症例③ 側屈制限(肩甲挙筋:長軸)
・【エコー画像】症例④ 側屈制限(肩甲挙筋:長軸・短軸)
・【エコー画像】伸展 短軸(半棘筋)
・【エコー画像】伸展 長軸(半棘筋) 
・【実技解説】胸鎖乳突筋の圧痛所見
・【実技解説】斜角筋の圧痛所見
・【実技解説】第一肋骨の圧痛所見

など、その他多数。

スライド数十ページの充実した内容です 

赤羽根先生のセミナーに出てから臨床で結果を出せるようになった人が実際に多数出ているので、ぜひ楽しみにしていてください!

当日の流れ

講師:赤羽根良和 先生
さとう整形外科 リハビリテーション科室長
   
<著書紹介>
腰椎の機能障害と運動療法ガイドブック  
解剖・機能解剖学的にみた膝関節疾患に対する理学療法
骨粗鬆症を原因とした 脊椎圧迫骨折の病態理解と運動療法
肩関節拘縮の評価と運動療法

<受賞歴>
第22回 理学療法ジャーナル賞 受賞論文 入賞
第24回 理学療法ジャーナル賞 受賞論文 入賞
その他、学会発表、論文など多くあり

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 など

受講料について

6000円/1人

メルマガ会員:6,000円 再受講:3,000円
※メルマガはHPから登録して頂けます

受講する際は以下をお読み下さい

(持ち物と服装について)
WEB環境
筆記用具

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/akabane-kenkoutai-3-2/

ホームページ

https://therafor.com/

  • Line
  • Hatena
【赤羽根良和先生の考える】肩甲帯機能不全と肩関節障害の評価・運動療法-現在の私の考え方

おすすめのセミナー