【終了しました】臨床で本当に役立つ超実践シリーズ:脳卒中片麻痺、立位での姿勢・動作分析

5回コースで本気で脳卒中を学んでください!!(どの回から参加していただいても大丈夫です。) 
 
脳卒中の患者様のために本気で勉強したい、本気で成長したいという強い思いを持ったセラピストを大募集します! 
 
そのかわり、あなたの本気を応援し、成長していただくことを保証いたします!!

  • Line
  • Hatena
臨床で本当に役立つ超実践シリーズ:脳卒中片麻痺、立位での姿勢・動作分析

開催情報

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年07月30日

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
20人

受講料
15000円/1人

料金:(一般会員)18000円 (メルマガ会員)15000円 
※メルマガ会員は以下から登録して頂けます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=310100

会場

社会医学技術学院  https://www.sigg.ac.jp/corporate/about/index.html

住所
東京都小金井市中町2-22-32

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
http://www.therapist-for-life.com/pm/outline/display/n/p114

こんなことを教えます

脳卒中のセミナーはあまり多くありません。 
ほとんどが整形関連です。 
  

答えは簡単です。  
難しいので教えることができる人が少ないからです。  
 
 
それら数少ないセミナーの中から、どのセミナーを選ぶかはセラピストにとって重要です。  
しかし実際のところ、セミナーには当たり外れがあります。 
皆様も参加したけれど満足いかなかったことも多いのではないですか。 
 
  
どんなことでもそうですが、学ぶときは
 
何を学ぶかはもちろん大切ですが、誰から学ぶかはもっと大切です!!

 
   

この点においてこのコースは優れた指導者から学ぶことができると断言できます。 
それは一度でも山崎たく先生の講義を受講されたあなたであれば、十分にご納得いただけるものと思います。   
  
 
講師自身も、これまでに学びへの自己投資を多くしてきています。 
 

所有している文献保有数はおそらく日本一(1000冊以上、海外30程度含む)、セミナー参加数は500以上。 
現在も月に3冊以上の本を購入して学び続けています。 
   

これほどまでに学びへ自己投資する理由は  
患者様への熱い想いと  
自己実現のため 
  

そして
 

自分から学びたいとついて来てくれる人への
責任感と恩返しであると言えるでしょう。  
  
      

 

それでは具体的な内容についてご説明させていただきます。

この脳卒中コースはどの回からでも参加できるように1日完結型にしています。  

 
脳卒中片麻痺患者に対しての基本的な評価や治療の知識や技術を身につける内容となっています。

特にどのように動作分析をしていくかを、姿勢と動作の神経生理学的背景から講義と実技練習をしていきます。

1.立位での姿勢分析・動作分析
 

 
適切な立位姿勢を獲得するための、姿勢分析と動作分析
適切な立位でなければ、余計な筋緊張を作り出し、正常な動きを獲得していくことは非常に困難です。 
そのため適切な二足直立位を獲得できるようなリハビリをすることは大変重要なテーマです。 
 
(主な項目)
・立位での姿勢制御の評価とアプローチ 
・立位バランスの評価とアプローチ 
・着座動作の評価とアプローチ 
・移乗動作などの適切なハンドリング
・その他 
 

2.アップライトシッティング(uprightsitting)の獲得 
 
 
  
垂直方向への抗重力な坐位姿勢の獲得を図る内容となっています。
崩れた座位では筋も関節も十分に機能しませんし、当然ADLの改善は困難です。 
つまり抗重力姿勢を獲得することは、ADL獲得のために非常に重要テーマです。 
立位と同じく重力に負けない適切な座位を獲得するための知識と技術を学んでいただきます。  

(主な項目)
・坐位での姿勢制御
・坐位バランスの評価とアプローチ
・起立動作の評価とアプローチ 
・骨盤帯などのハンドリング
・その他 
 

3.アップライトスーパイン(uprightsupine)の獲得 

 
背臥位での姿勢制御を獲得するための評価とアプローチを学んでいただきます。
背臥位は多くのセラピストが考えている以上に評価が重要で、アプローチを怠ってはいけないものです。 

(主な項目)
・寝返り動作の評価とアプローチ
・起き上がり動作の評価とアプローチ
・背臥位や側臥位で運動療法の効果を高めるハンドリングスキル
 
        
                          
4.上肢のリーチ動作、握り動作、マニュピレーション(U/Ereaching grasping manipulation)の獲得 
 
 

適切な上肢機能を獲得するための内容となっています。
 
(主な項目)  
・肩甲骨のdynamic stability
・リーチ動作
・手指の治療
・浮腫のコントロールに対してのハンドリング  
 
 

5.歩行(gait) 

 
脳卒中片麻痺患者の適切な歩行機能の獲得を図る内容となっています。
 
(主な項目)
・脳卒中片麻痺患者の歩行の特徴
・立脚相の治療
・遊脚相の治療
・応用歩行(方向転換)に対してのハンドリング

 
 
最後になりましたが 
 

本気で成長したいと思っている人はどんどん参加してください。 
 
本気でお手伝いさせていただきます!! 

セミナー情報
担当講師 : 山崎たく先生
講義時間 : 10:00 ~16:00
セミナー料金 : 15000
<参加条件>
本気で脳卒中の患者様のために成長して、改善させてあげたいと思っていること
セミナー申し込み

講義メニュー
この脳卒中コースはどの回からでも参加できるように1日完結型にしています。  

 
脳卒中片麻痺患者に対しての基本的な評価や治療の知識や技術を身につける内容となっています。

特にどのように動作分析をしていくかを、姿勢と動作の神経生理学的背景から講義と実技練習をしていきます。

1.アップライトスタンディング(upright standing)の獲得
 

 
適切な二足直立位を獲得する内容となっています。 
適切な立位でなければ、余計な筋緊張を作り出し、正常な動きを獲得していくことは非常に困難です。 
そのため適切な二足直立位を獲得できるようなリハビリをすることは大変重要なテーマです。 
 
(主な項目)
・立位での姿勢制御の評価とアプローチ 
・立位バランスの評価とアプローチ 
・着座動作の評価とアプローチ 
・移乗動作などの適切なハンドリング
・その他 
 

2.アップライトシッティング(uprightsitting)の獲得 
 
 
  
垂直方向への抗重力な坐位姿勢の獲得を図る内容となっています。
崩れた座位では筋も関節も十分に機能しませんし、当然ADLの改善は困難です。 
つまり抗重力姿勢を獲得することは、ADL獲得のために非常に重要テーマです。 
立位と同じく重力に負けない適切な座位を獲得するための知識と技術を学んでいただきます。  

(主な項目)
・坐位での姿勢制御
・坐位バランスの評価とアプローチ
・起立動作の評価とアプローチ 
・骨盤帯などのハンドリング
・その他 
 

3.アップライトスーパイン(uprightsupine)の獲得 

 
背臥位での姿勢制御を獲得するための評価とアプローチを学んでいただきます。
背臥位は多くのセラピストが考えている以上に評価が重要で、アプローチを怠ってはいけないものです。 

(主な項目)
・寝返り動作の評価とアプローチ
・起き上がり動作の評価とアプローチ
・背臥位や側臥位で運動療法の効果を高めるハンドリングスキル
 
        
                          
4.上肢のリーチ動作、握り動作、マニュピレーション(U/Ereaching grasping manipulation)の獲得 
 
 

適切な上肢機能を獲得するための内容となっています。
 
(主な項目)  
・肩甲骨のdynamic stability
・リーチ動作
・手指の治療
・浮腫のコントロールに対してのハンドリング  
 
 

5.歩行(gait) 

 
脳卒中片麻痺患者の適切な歩行機能の獲得を図る内容となっています。
 
(主な項目)
・脳卒中片麻痺患者の歩行の特徴
・立脚相の治療
・遊脚相の治療
・応用歩行(方向転換)に対してのハンドリング

※研修会の内容はボバースではありません

当日の流れ

特徴
セラピストとして活躍するためには基本的な知識、基本的な技術の習得が必要です。

臨床経験の浅い1~5年の新人から中堅の先生にとっては、毎日の臨床が「正しい評価ができているのか?」「きちんと治療できているのか?」と不安でいっぱいだと思います。

このセミナーは、座学のみではなく実技を中心とした内容で体を使って覚えてもらうため、セミナー終了した翌日からの臨床に即生かすことができます。

もちろん6年目以上の先生にとっても、基礎の再認識をしていただくことでまた新たな発見ができることと思います。

体験談
(OT1年目)大満足
・筋繊維を触り分けられるようになった(前部・中部・後部など)
・前腕の複雑な部分も分かるようになった

(PT1年目)大満足
分からなかったらすぐにその場で教えてくださるので「分からないまま進む」ということがなくてすっきりでした。トークも身体を使ったちょっとした運動も楽しかったです。

(OT5年目)満足
これまでりかいしていたことの復習もでき、あいまいになっていた部分を学ぶことができました。また書面上だけでは学べないことにも気づくことができました。ありがとうございました。

(OT3年目)満足
・実技がメインで良かった
・先生が親しみやすい

(OT2年目)大満足
筋のtouchの仕方、指のあて方が分かった。少人数だったので先生と何度も確認できた

(PT2年目)大満足
触診の基本を学べて今までなんとなく屈筋群・伸筋群などまとめて触っていたものが、1つ1つの筋を区別して触れるようになった

(PT1年目)大満足
本では学べない収縮をみたり、触診を行うことで理解しやすかった。コツはミニ知識があって勉強になりました。

(OT1年目)満足
解剖書では学べない立体的な勉強ができました。
養成校の触診授業ではあまり学べていなかったのでとても参考になりました。
先生のキャラクターもおもしろくて良かったです。
一緒に学ぶ仲間がいたのも心強かったです。

他にもご紹介できない嬉しいコメントが1300以上あります。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、鍼灸師、スポーツトレーナー、学生など

受講料について

15000円/1人

料金:(一般会員)18000円 (メルマガ会員)15000円 
※メルマガ会員は以下から登録して頂けます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=310100

受講する際は以下をお読み下さい

(持ち物と服装について)※必ずお持ちください

持ち物は筆記用具です。

実技を主に行いますので動きやすい格好でお願いします。 

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
http://www.therapist-for-life.com/pm/outline/display/n/p114

  • Line
  • Hatena
臨床で本当に役立つ超実践シリーズ:脳卒中片麻痺、立位での姿勢・動作分析