【終了しました】【ナイトセミナー】運動器の評価と治療 Basic course 第6回:骨盤帯編 ~「局所」だけでなく「全体」を診れるセラピストを目指して~

一人でも多くの患者さんや利用者さん、大切な人にもっと良くなって欲しい。そのためには、セラピストが学べる環境を柔軟に変化させる必要がありました。その一つの形として、平日夜間の講習会開催を企画させて頂きました。
コンセプトは、“「局所」だけでなく「全体」を診れる、とことん原因を追究し続けられるセラピストを目指して”
もう一つの特徴として、「標準的徒手介入」×「オステオパシー哲学」を掲げております。
「サイエンスとアートの融合」を体現したセミナーとなっておりますので楽しみにしていて下さい!!

  • Line
  • Hatena
【ナイトセミナー】運動器の評価と治療 Basic course 第6回:骨盤帯編 ~「局所」だけでなく「全体」を診れるセラピストを目指して~

開催情報

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年07月26日

19:00~21:30
定員
20人

受講料
3000円/1人

料金:(一般会員)6000円 (メルマガ会員)3000円 (学生)1000円
※メルマガ会員は以下から登録して頂けます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=310100

会場

会場:西宮市民会館 502会議室  http://www.nishi-bunka.or.jp/amity/access.html

住所
〒662-0918 西宮市六湛寺町10番11号

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
http://www.therapist-for-life.com/pm/outline/display/n/p121

こんなことを教えます

【Basic Course】第6回 骨盤帯編

①運動器の評価と治療の流れ
②骨盤帯の解剖学的理解
③骨盤帯の機能解剖(仙腸関節、腰仙関節)
④アライメント評価(高位/低位、アウト/イン etc)
⑤ロベットブラザー
⑥整形外科テスト(支持前屈テスト、ニュートンテスト etc)
⑦Applied Kinesiology(AK)について
⑧ランドマーク触診、静的・動的触診 etc
➈評価・治療の実際:間接法、直接法(筋筋膜リリース)

当日の流れ

【講師紹介】
伊佐次(いさじ) 優一
・一般社団法人セラピストフォーライフ認定講師
・理学療法士
・PIHS認定 Osteopathic Manual Therapy 11回course修了
・東洋医学&リハビリテーション協会認定東洋医学セラピスト
所属学会)
・公益社団法人 日本理学療法士協会
・日本臨床スポーツ医学会
学会発表)
・「ACL患者の術後6ヶ月の恐怖心と膝機能との関連」 第27回臨床スポーツ医学会学術集会
・「ACL患者の術前の恐怖心が術後1ヶ月の伸展制限に与える影響」第52回全国理学療法学術大会
担当講習会)
ナイトセミナー(触察:上肢、下肢、体幹)
主な経歴)
大学卒業後、整形外科クリニックおよび整形外科病院に勤務、人工関節、ACL術後を中心に整形外科の患者を担当。現在は大学院にも在学中。臨床1年目でオステオパシーと出会い、全身評価・治療の重要性を実感。患者の自己治癒力改善へ向け日々臨床業務、そして研究活動、臨床実習指導も行っている。

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、鍼灸師、スポーツトレーナー、学生など

受講料について

3000円/1人

料金:(一般会員)6000円 (メルマガ会員)3000円 (学生)1000円
※メルマガ会員は以下から登録して頂けます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=310100

受講する際は以下をお読み下さい

(持ち物と服装について)※必ずお持ちください

持ち物は筆記用具とバスタオルもしくはヨガマットです。

実技を主に行いますので動きやすい格好でお願いします。 

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
http://www.therapist-for-life.com/pm/outline/display/n/p121

  • Line
  • Hatena
【ナイトセミナー】運動器の評価と治療 Basic course 第6回:骨盤帯編 ~「局所」だけでなく「全体」を診れるセラピストを目指して~