【終了しました】神経科学から考えるパーキンソン病のリハビリテーション~東京会場~

病態から病期に応じたリハを学ぶ!
パーキンソン病の戦略的介入法とは?

  • Line
  • Hatena
神経科学から考えるパーキンソン病のリハビリテーション~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年12月17日

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
70人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

株式会社 日本印刷会館 2階会議室

住所
東京都中央区新富1丁目16番8号

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
岡田 洋平 先生
畿央大学 健康科学部 理学療法学科 准教授・理学療法士

【ねらい】
運動障害に対するリハビリテーションを中心に、パーキンソン病患者さんの呈される症状・現象を神経科学に基づきどのように捉えられるか、また、リハビリテーションによる介入可能性・具体的な評価方法・介入方法について考える。

【講義概要】
パーキンソン病は緩徐進行性神経疾患であり、その病態が大脳基底核以外にも多系統の神経系に及ぶ多系統疾患として捉える必要がある。
パーキンソン病患者さんの呈する症状は運動障害以外にも認知機能障害、精神障害、自律神経障害、睡眠障害と多岐にわたり、症状の出現の仕方にも個人差を認める。

パーキンソン病患者さんの呈されるすべての症状がリハビリテーションの対象となるわけではない。そのため、パーキンソン病患者さんの呈される様々な症状、現象を評価し、その原因を推察し、介入可能性、介入方法を模索していく姿勢が必要であると考えられる。

本講義では、パーキンソン病患者さんの呈される症状、現象を神経科学に基づきどのように捉えるかについて解説し、リハビリテーションによる介入可能性、具体的な評価方法、介入方法について解説していく。

現在のパーキンソン病のリハビリテーションの効果に関するエビデンスは運動障害が中心であり、本講義でも運動障害に対するリハビリテーションについて中心に触れる。講義の後半では、疾患早期から認めるとされる認知機能障害についても解説する。

本講義を通じて、パーキンソン病の理解に基づきリハビリテーションの可能性を考える機会になればと考えている。

【プログラム】
・基本的な病態の理解
・リハビリテーションエビデンスと治療対象
・運動障害に対するリハビリテーション
  無動,すくみ足に対するリハビテーション
  姿勢制御異常に対するリハビテーション
・疾患の経過に応じたリハビリテーション

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
神経科学から考えるパーキンソン病のリハビリテーション~東京会場~