【終了しました】高次脳機能を意識した理学・作業療法計画2~半側空間無視、プッシャー現象~名古屋会場~

臨床で高頻度で遭遇する半側空間無視、プッシャー現象!よりよい理学・作業療法計画を立案するためには避けて通れない知識です!!

  • Line
  • Hatena
高次脳機能を意識した理学・作業療法計画2~半側空間無視、プッシャー現象~名古屋会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年12月24日

10:00~16:00(受付9:30 ~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

株式会社gene 本社 セミナールーム

住所
愛知県名古屋市東区葵1丁目26-12 IKKO新栄ビル 6階

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
高倉 保幸 先生
埼玉医科大学 保健医療学部 教授・理学療法士

杉本 諭 先生
東京医療学院大学 保健医療学部 教授・理学療法士

【ねらい】
半側空間無視、プッシャー現象を適切に評価し、その結果を踏まえて理学・作業療法計画を立案することができる。

【講義概要】
後期高齢者が増大する中で、脳血管障害はもちろん、加齢に伴い高次脳機能の低下を伴い生活に支障をきたす高齢者が増え、活動を目標とした理学・作業療法計画を立てても高次脳機能の低下のために思うように進まないような例が増えてくることが予想される。

本研修会では、まず代表的な高次脳機能障害として知られる半側空間無視と理学療法・作業療法場面で問題となる事が多いプッシャー現象に焦点をあてて、基礎知識の理解、適切な評価方法と対応を学習する。

研修会は講義形式で行うが、実際の臨床でのイメージを持ちやすいように症例経験を通して説明をしていく(昨年までの研修会ではグループワーク形式で行っていましたが、今年度からは講義中心に変更します)

【プログラム】
午前(10:00-13:00)
1 半側空間無視の基礎知識(杉本先生)
2 半側空間無視を伴う例に対する理学・作業療法計画(杉本先生)

午後(14:00-16:00)
3 姿勢制御に関する基礎知識(高倉先生)
4 プッシャー現象に対する評価と理学・作業療法計画(高倉先生)

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
高次脳機能を意識した理学・作業療法計画2~半側空間無視、プッシャー現象~名古屋会場~