【終了しました】摂食・嚥下に対する包括的アプローチ - 埼玉臨床研究会

  • Line
  • Hatena
摂食・嚥下に対する包括的アプローチ - 埼玉臨床研究会

開催情報

主催
埼玉臨床研究会(主催者の詳細情報を見る)
日時
2016年06月12日

定員

30名

受講料

受講費:9000円 ※早期割り6000円(5月29日まで)

会場

東上パールビルジング(第3会議室、川越駅徒歩1分)
https://www.tojo-building.com/contact.php

申込方法

saitamarinsyou@yahoo.co.jp
上記のアドレスに、①~⑤をご記入しお申込みください。
①施設名 ②お名前 ③職種 ④経験年数 ⑤パソコンのメールアドレス

http://saitamarinsyou.jimdo.com/申し込み/
↑または、自社のお申込みページよりお願い致します。

こんなことを教えます

 講師:関塚 修久 先生(長野赤十字病院)

テーマ:摂食・嚥下に対する包括的アプローチ

 日時:平成28年 6月 12日(日)9:30~16:30(受付開始9:00)

 会場:東上パールビルジング(第3会議室、川越駅徒歩1分)

受講費:9000円 ※早期割り6000円(5月29日まで)

定員:30名

持ち物:実技が出来る服装、ヨガマットまたはバスタオル。

内容:

摂食・嚥下障害を考えるとき、直接訓練はST、間接訓練はPT・OTというイメージがあると思います。しかし、臨床では口腔内を含めた全身状態、姿勢などを総合的に評価してアプローチしていくことの重要性を感じます。それぞれの専門性をもったセラピストがその専門性を活かし、共通の認識を持ってアプローチしていけば新たな発見もあるかもしれません。また、臨床上多く経験する誤嚥性肺炎において摂食できなかった場合でも適切な栄養管理を行えば再び経口摂取が可能になる場合もあります。

 このセミナーでは、

①嚥下に対する解剖学的・生理学的の整理

②誤嚥性肺炎への考え方や評価

③身体機能へのアプローチとポジショニング 

④リハビリテーション栄養 

などを中心にADLレベルが低い摂食・嚥下障害患者に対して療法士として何ができるかを考えていきたいと思います。

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科医、歯科助手など

受講料について

受講費:9000円 ※早期割り6000円(5月29日まで)

申込方法

saitamarinsyou@yahoo.co.jp
上記のアドレスに、①~⑤をご記入しお申込みください。
①施設名 ②お名前 ③職種 ④経験年数 ⑤パソコンのメールアドレス

http://saitamarinsyou.jimdo.com/申し込み/
↑または、自社のお申込みページよりお願い致します。

  • Line
  • Hatena
摂食・嚥下に対する包括的アプローチ - 埼玉臨床研究会