【終了しました】臨床に必要な顎関節の知識とテクニック ~知られていなかった多彩な症状と関わる顎関節~ - 埼玉臨床研究会

  • Line
  • Hatena
臨床に必要な顎関節の知識とテクニック ~知られていなかった多彩な症状と関わる顎関節~ - 埼玉臨床研究会

開催情報

主催
埼玉臨床研究会(主催者の詳細情報を見る)
日時
2016年08月21日

定員

30名

受講料

受講費:9000円 ※早期割り6000円(8月7日まで)

会場

東上パールビルヂング(川越駅徒歩1分)

申込方法

saitamarinsyou@yahoo.co.jp
上記のアドレスに、①~⑤をご記入しお申込みください。
①施設名 ②お名前 ③職種 ④経験年数 ⑤パソコンのメールアドレス

http://saitamarinsyou.jimdo.com/申し込み/
↑または、自社のお申込みページよりお願い致します。

こんなことを教えます

講師:古泉 貴章 先生(加藤大介クリニック、内房リハ勉強会 代表)  
日時:平成28年8月21日(日) 9:30~16:30(受付開始9:00)

内容
1. 顎関節とはどんな関節?
2. 関節の構造・機能解剖(顎関節・歯学)
3. 評価(実技含む)
4. 顎関節の病態
      顎関節症、自律神経症状 etc…
5. 実際の顎関節臨床(実技含む)

 “顎関節はマイナーな関節ですか?”実は日本の教科書に記載されていないだけで、海外の身体機能評価では記載されている関節です。頭部は約5〜6kgあり、それを頚椎や肩甲帯が支持しています。例えるとけん玉の様な構造になっており、顎関節はけん玉の受け皿の役割をしています。
 顎関節の機能は頭蓋位置調整や身体のバランサーとされており、重要な意味をもちます。そのためか症状も多彩に出現する事が報告されています。評価では顎関節—頚椎—肩関節の3領域は関連領域として、病態把握をするため鑑別する事が重要とされています。
   今回は顎関節という関節にまず触れ、関節の中身から臨床へ結びつける事
  を目標に進めていきたいと思います。

こんな方を対象としてます

理学療法士

受講料について

受講費:9000円 ※早期割り6000円(8月7日まで)

申込方法

saitamarinsyou@yahoo.co.jp
上記のアドレスに、①~⑤をご記入しお申込みください。
①施設名 ②お名前 ③職種 ④経験年数 ⑤パソコンのメールアドレス

http://saitamarinsyou.jimdo.com/申し込み/
↑または、自社のお申込みページよりお願い致します。

  • Line
  • Hatena
臨床に必要な顎関節の知識とテクニック ~知られていなかった多彩な症状と関わる顎関節~ - 埼玉臨床研究会