【終了しました】運動連鎖アプローチ(R)入門~解剖学・運動学に基づいた運動連鎖の基礎の理解と動作分析~東京会場~

「動きをみる専門家」として、自信を持って進んでいくために!

  • Line
  • Hatena
運動連鎖アプローチ(R)入門~解剖学・運動学に基づいた運動連鎖の基礎の理解と動作分析~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年11月25日

2017年11月25日(土)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

東京文具共和会館(KYOWA FORUM) 3階 BC室

住所
東京都台東区柳橋1-2-10

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
山本 尚司 先生
一般社団法人 フィジオ運動連鎖アプローチ協会 代表理事・理学療法士
 

【ねらい】
解剖学・運動学に基づいた運動連鎖アプローチ(R)の基本的な考え方を理解することで、
動作分析への苦手意識を払拭し、自信をもって動きへのアプローチができるようになる。
 

【講義概要】
現在、身体運動に関わる専門家は多種多様であり、
その中でも理学療法士は解剖学や運動学など医学的根拠をもって、
「身体機能」「生活動作」を改善するための専門家と言えます。
そのためには「動きの専門家」として、
「動作分析」のスキルを磨くことは不可欠です。

しかしながら、動きの問題点に対して、
効果的な「動きのアプローチ」方法が思い浮かばないということはありませんか?

つまり、解剖学と運動学に基づいた動作分析は、
学生時代から繰り返し頭では理解しているものの、
治療効果に直結する臨床応用が難しいのです。

本講義では、動作分析を臨床展開するために、
1 観察的な動作分析、2 触診による動作分析 について解説し、
どのような戦略(ストラテジー)にて動きを制御しているかという個別性についても
レクチャーする予定です。

講義を通して今後のセラピスト人生を「動きをみる専門家」として、
自信を持って進んでいけるきっかけになれば幸いです。
 

【プログラム】
午前  1 運動連鎖アプローチ(R)入門(10:00〜10:50)
    2 運動連鎖からみた動作分析Ⅰ( 11:00〜12:30)
      〜観察的動作分析のポイント〜(講義・実技)
   
午後  3 運動連鎖からみた動作分析Ⅱ(13:30〜15:00)
      〜触診による動作分析のポイント〜(講義・実技)
    4 運動連鎖アプローチ(R)の実際(15:10〜16:00)
      〜デモンストレーション・質疑応答〜

※プログラムは追加・変更になる場合があります。
 

【必要物品】
実技あり:膝部が出しやすく、動き易い服装(Tシャツ、ハーフパンツ等)

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
運動連鎖アプローチ(R)入門~解剖学・運動学に基づいた運動連鎖の基礎の理解と動作分析~東京会場~