【終了しました】姿勢・歩行の基礎と臨床 update|第18回東京臨床理学療法研究会 

 本研究会の今回のテーマは『姿勢・歩行の基礎と臨床 up date』です。脳卒中や脊髄損傷など神経症害に由来する姿勢・歩行障害について,最先端の研究からの提案、画像からの判断,臨床的な手段について,各分野の第一線の先生方にご講演頂きます。また症例ディスカッションも予定しており,教育講演から症例検討まで理論的背景や臨床における展開の一助になる研究会にしていきます。
今年度,網本和先生監修のもと,『傾いた垂直性』(ヒューマンプレス社)が発刊され,その一部内容を概説して頂きます。

  • Line
  • Hatena
姿勢・歩行の基礎と臨床 update|第18回東京臨床理学療法研究会 

開催情報

主催
東京臨床理学療法研究会(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年09月10日

9時50分〜16時10分 (受付:9時30分から)
定員

受講料
7000円/1人

日本理学療法士協会員、事前申し込み者(8/20まで) 5,000円 学生1,000円

会場

首都大学東京 荒川キャンパス

住所
〒116-8551 東京都 荒川区東尾久7-2-10

申込方法

応募方法: E-mailでのみの申し込みとなります. 申し込み時、氏名(フリガナ)、勤務先名(所属・職種・勤務先住所・TEL・FAX・メールアドレス)、会員番号、経験年数を記入の上、申し込みをよろしくお願い致します。当日食堂で懇親会も予定していますので,ご検討ください.
参加応募締切:平成29年9月1日(金曜日) 
問合せ先:〒283-8555 千葉県東金市求名1番地 城西国際大学 松田 雅弘
     Tel 0475-53-2226(直通) メールアドレス:tmatsuda@jiu.ac.jp

こんなことを教えます

東京臨床理学療法研究会 第18回研究会
テーマ:「姿勢・歩行の基礎と臨床 update」

・オープニング ミニ・レクチャー「傾いた垂直性」    10:00~11:00
                  首都大学東京大学院  網本 和先生

・教育講演Ⅰ:「脳画像所見にもとづいて歩行の予後を推測して理学療法を計画する」11:10~12:40 
医療法人鶴見会 さいわい鶴見病院 リハビリテーション科 手塚 純一先生

・症例ディスカッション(一般演題):  4~5題             13:30~14:30

・教育講演Ⅱ: 「姿勢障害・歩行障害に対する科学的アプローチ(仮)」 14:40~16:10
  国立障害者リハビリテーションセンター研究所  河島 則天 先生

■講師プロフィール
・網本 和 先生
博士(医学)。本研究会の会長で,今回の長年の研究をまとめた「傾いた垂直性」を監修し出版しました。日本理学療法士協会理事,高次脳機能障害に関する著書多数。

・河島 則天 先生
博士(論博・学術).2000年より国立障害者リハビリテーションセンター研究所での研究活動を開始し、2012年より神経筋機能研究室長.歩行,高次脳機能障害,義手など様々な研究に従事している。

・手塚 純一 先生
2002年国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院卒業し,杏林大学病院,川崎幸病院を経て、現職。画像に関連する著書・講演多数,
 

こんな方を対象としてます

PT、OT、ST、学生

受講料について

7000円/1人

日本理学療法士協会員、事前申し込み者(8/20まで) 5,000円 学生1,000円

受講する際は以下をお読み下さい

認定単位:専門理学療法認定ポイント取得可能(予定)
夕方には懇親会を首都大学東京のカフェテリアで予定していますので、ご参加ください。

申込方法

応募方法: E-mailでのみの申し込みとなります. 申し込み時、氏名(フリガナ)、勤務先名(所属・職種・勤務先住所・TEL・FAX・メールアドレス)、会員番号、経験年数を記入の上、申し込みをよろしくお願い致します。当日食堂で懇親会も予定していますので,ご検討ください.
参加応募締切:平成29年9月1日(金曜日) 
問合せ先:〒283-8555 千葉県東金市求名1番地 城西国際大学 松田 雅弘
     Tel 0475-53-2226(直通) メールアドレス:tmatsuda@jiu.ac.jp

  • Line
  • Hatena
姿勢・歩行の基礎と臨床 update|第18回東京臨床理学療法研究会