【終了しました】膝関節疾患に対する力学・組織学に基づいた評価と運動療法の考え方~東京会場~

「力学」と「組織学」のリンクが分かれば、
治療の展開は格段に変わる!

  • Line
  • Hatena
膝関節疾患に対する力学・組織学に基づいた評価と運動療法の考え方~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年03月18日

10:00~16:00(受付9:30 ~)
定員
50人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

株式会社 日本印刷会館 2階会議室

住所
東京都中央区新富1丁目16番8号

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
園部 俊晴 先生
コンディション・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)所長
運動と医学の出版社 代表取締役社長・理学療法士

【ねらい】
1.「力学」と「組織学」がリンクしていることを理解する
2.仮説検証作業とは何かを理解する
3.患者の状態をその場で変化させることができるようにする

【講義概要】
膝関節疾患では、「力学」と「組織学」がリンクしていることが分かれば、治療の展開は格段に変わってきます。
今回のセミナーでは、膝関節における「力学」と「組織学」の評価・治療について、私が行っている一通りの手順を説明します。

また、疾患別に「主要な問題点」「何を改善すれば良いか」「手段」を説明します。
明日からすぐに活かせる技術満載でお話しいたします。

【参考映像】
膝関節の理学療法 https://www.youtube.com/watch?v=Yjui38NM0sY
体幹機能 https://www.youtube.com/watch?v=mOFKm6c73zo
園部コンディション・ラボ https://www.youtube.com/watch?v=bq5wr_LmAyg

【プログラム】
前半
・問診・触診から病態を予測する。
・膝の可動域(特に伸展)の評価と治療
・膝の捻れの評価と治療

後半
・形態評価とストレステスト
・動作分析
・各疾患別の治療の「考え方」

※プログラムは追加・変更になる場合があります。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
膝関節疾患に対する力学・組織学に基づいた評価と運動療法の考え方~東京会場~