【終了しました】脳血管障害における装具療法の考え方とその適用~東京会場~

装具が変われば生活が変わる!!装具療法を戦略的に活用するためには

  • Line
  • Hatena
脳血管障害における装具療法の考え方とその適用~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年02月25日

10:00~16:00(受付9:30 ~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

日本薬学会 長井記念館(長井記念ホール)地下2階 ホール

住所
東京都渋谷区渋谷2-12-15

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
吉尾 雅春 先生
千里リハビリテーション病院 副院長・理学療法士
山本 康一郎 先生
川村義肢株式会社・義肢装具士

【講義概要】
病院における脳卒中患者のリハビリテーションでは治療用装具として用いるのか生活で用いるための装具として作製するのか、それともその両者なのか。
治療用装具として用いるのであれば、どこをどのようにするために、どの装具を用いるのか、明確な目的と客観的評価、そして強かな戦略が必要である。

連携パスの活用が求められている中、脳卒中の理学療法ははたしてその期待に応えているだろうか。

今回のセミナーでは主に装具療法に対する考え方を中心に、装具を用いて理学療法士・作業療法士はどうしたらよいか、
歩行・立位・座位のために装具をどのように活かすのか等の内容を予定しております。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
脳血管障害における装具療法の考え方とその適用~東京会場~