【終了しました】冨田昌夫が伝授する!中枢神経疾患に対する日常動作を再獲得するためのコツとアプローチ~福岡会場~

【実技あり!】中枢神経リハの達人伝授!!
日常動作分析の理論と実技を学べるセミナー

  • Line
  • Hatena
冨田昌夫が伝授する!中枢神経疾患に対する日常動作を再獲得するためのコツとアプローチ~福岡会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年04月15日

2018年4月15日(日)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

天神クリスタルビル 3階 Aホール

住所
福岡県福岡市中央区天神4丁目6-7

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
冨田 昌夫 先生
藤田保健衛生大学 医療科学部
リハビリテーション学科 客員教授・理学療法士
 

【講義概要】
生態心理学的概念とクラインフォーゲルバッハの運動学に基づいた
バランスを取るメカニズムを中心とした講義をします。

その後デモを含めながら実際のヒトの背臥位での姿勢分析、
動作分析を行います。
背臥位はヒトの移動に関する基本的な問題が最も出現しやすい
肢位だと考えているからです。

ヒトは構造的に縦長で、脊柱という内骨格形の安定のメカニズムを持ち、
その両端に重い頭と下肢を備えて、立位に適応するように発達してきました。

そのため、背臥位で動くには負担が大きく、わずかな深層筋の緊張のアンバランスが
極めて特徴のある表在筋の活動パターンを引き出して、特異な肢位や動作パターンを
作り出してしまいます。

背臥位は必ずしも“力の抜きやすい、安定した姿勢”とはいえないのです。

また、背臥位から起き上がる動作は体幹の可動性の影響を受け、
きわめて困難な動作となりやすいことも体験しながら理解してみたいです。

問題の多い背臥位の視診、触診に基づいた姿勢分析と動作分析から、
問題の原因を推論する練習をするとともに解決策も検討していきたいと考えています。

最後に、表在の大きな筋を姿勢維持や呼吸の補助から開放し、
自由度の高い運動が可能な身体を再構築するところまで体験したいと考えています。

【必要物品】
実技あり:動き易い服装(Tシャツ、ジャージ等)
・バスタオル1枚
・フェイスタオル1枚(通常のタオル)

【本セミナーについて】
※以前に開催いたしました
「 日常動作の再学習(再構築)」
「 皮質下構造と皮質構造の架け橋~日常動作・基本動作の再構築を考える~」
を受講された方は、「再受講割引」を適用してのご参加が可能です。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
冨田昌夫が伝授する!中枢神経疾患に対する日常動作を再獲得するためのコツとアプローチ~福岡会場~