第1部:【栄養学の基礎-臨床応用】、第2部:【嚥下障害に対するアプローチ・実技研修】

第1部:『栄養学の基礎-臨床応用』 
第2部:『嚥下障害に対するアプローチ・実技研修』

第1部:【栄養学の基礎-臨床応用】、第2部:【嚥下障害に対するアプローチ・実技研修】

開催情報

主催
リハビリ看護栄養研究会(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年12月02日

10:00-16:00
定員
8人

受講料
9000円/1人

参加費:第1部 : 6千円 、第2部 : 5千円  1日を通しての参加:9千円

会場

場所:東淀川区民会館 https://www.kyoiku-shinko.jp/higashiyodogawa/access/

住所
場所:東淀川区民会館 

申込方法

HPよりお申し込みください

こんなことを教えます

 AM:『栄養学の基礎~臨床応用』 

 

【内容】

  ・栄養の基礎-評価 

  ・各種疾患の特性に合わせた栄養アプローチ、実践

  ・血液データの診かた 

  ・地域での栄養療法-セラピストの食事指導-

  ・アレルギー疾患、アトピー性皮膚炎、慢性疲労、内臓と栄養について 

  ・嚥下障害と栄養、食欲不振について 

------------------------------------------------------------------------

   PM:『嚥下障害に対するアプローチ・実技研修』 

 嚥下機能を最大限に発揮する姿勢・ポジショニングについて。筋緊張と接地面の関係。胸郭や頸部の可動性低下に対するアプローチ。開口、咀嚼へのアプローチを行います。

【内容】

  ① 胸郭・頭頸部へのアプローチ 

  ② 舌骨上筋・舌骨下筋へのアプローチ

  ③ 口腔、咀嚼筋へのアプローチ

  ④ 姿勢、ポジショニングについて

当日の流れ

AM:『栄養学の基礎~臨床応用』 

 

【内容】

  ・栄養の基礎-評価 

  ・各種疾患の特性に合わせた栄養アプローチ、実践

  ・血液データの診かた 

  ・地域での栄養療法-セラピストの食事指導-

  ・アレルギー疾患、アトピー性皮膚炎、慢性疲労、内臓と栄養について 

  ・嚥下障害と栄養、食欲不振について 

------------------------------------------------------------------------

   PM:『嚥下障害に対するアプローチ・実技研修』 

 嚥下機能を最大限に発揮する姿勢・ポジショニングについて。筋緊張と接地面の関係。胸郭や頸部の可動性低下に対するアプローチ。開口、咀嚼へのアプローチを行います。

【内容】

  ① 胸郭・頭頸部へのアプローチ 

  ② 舌骨上筋・舌骨下筋へのアプローチ

  ③ 口腔、咀嚼筋へのアプローチ

  ④ 姿勢、ポジショニングについて

こんな方を対象としてます

特に問いません

受講料について

9000円/1人

参加費:第1部 : 6千円 、第2部 : 5千円  1日を通しての参加:9千円

申込方法

HPよりお申し込みください