【終了しました】足部の機能解剖に基づく臨床展開 - 埼玉臨床研究会

  • Line
  • Hatena
足部の機能解剖に基づく臨床展開 - 埼玉臨床研究会

開催情報

主催
埼玉臨床研究会(主催者の詳細情報を見る)
日時
2016年08月28日

定員

30名

受講料

12000円

会場

東上パールビルヂング(川越駅徒歩1分)

申込方法

ホームページの『お申し込み』のページより、お願いいたします。

こんなことを教えます

足部には28個の骨が存在し、55個の関節が存在すると言われています。
細かく複雑な部位と敬遠しがちですが、臨床で重要な部位であることは感じているかと思います。

運動器疾患や中枢神経疾患でも必ずアンクルストラテジーを取っています。
では、そのアンクルストラテジーに必要な身体機能因子は何でしょうか?  
そして、その身体機能を最大限引き出すことが臨床で出来ていますか?
足関節の背屈はどのように出すのか?
足部の柔軟性はどのように向上させていくのか?    

逆に、足部の安定性をどのように創り、全身の動きや制御へと繋げていくのか?
地面に唯一接している部位の足底から何ができるか?

機能解剖から提唱するのではなく、臨床の疑問を機能解剖、運動学、データを基に紐解いていきたいと思います。

・距腿関節へのアプローチ〜背屈、底屈アプローチ〜
・距骨下関節のアプローチ〜回内外のアプローチ、扁平足へのアプローチ〜
・足部ストラテジーについての理解と誘導法
・足部内在筋の影響と内在筋の促通

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、柔道整復師

受講料について

12000円

申込方法

ホームページの『お申し込み』のページより、お願いいたします。

  • Line
  • Hatena
足部の機能解剖に基づく臨床展開 - 埼玉臨床研究会