【終了しました】膝関節疾患におけるリアライン・コンセプトの理論と実践 ~変形性膝関節症に対する評価と治療~東京会場~

【実技あり!】変形性膝関節症の治療において、リアライン・コンセプトに基づくシンプルな評価法と、正常なスクリューホーム運動再獲得のための治療法を習得する!

  • Line
  • Hatena
膝関節疾患におけるリアライン・コンセプトの理論と実践 ~変形性膝関節症に対する評価と治療~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年05月13日

2018年5月13日(日)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

株式会社 日本印刷会館 2階会議室

住所
東京都中央区新富1-16-8

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:蒲田 和芳 先生
   広島国際大学 総合リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 教授
   株式会社 GLAB(ジーラボ)代表取締役・理学療法士
   日本体育協会公認アスレティックトレーナー

【ねらい】
変形性膝関節症の治療において、リアライン・コンセプトに基づくシンプルな
評価法と、正常なスクリューホーム運動再獲得のための治療法を習得する。

【講義概要】
変形性膝関節症(膝OA)は、いうまでもなく関節軟骨や
軟骨下骨の退行性変化を伴い、加齢とともに進行します。
しかし、症状と機能の回復が得られない原因が加齢であると判断することは
適切とはいえません。

関節軟骨は、血行や神経終末に乏しく、
それ自体が疼痛を知覚する組織ではないはずです。
実際に、KL分類2-3の膝においても、適切な数回の治療により無症状となり、
正座可能となる例も少なくありません。

したがって、前提として膝OAの機能と症状は十分に回復し得るものと
考えるところからスタートすべきです。

全ての関節疾患の治療には設計図が必要です。

設計図には、治療開始から完了までのプロセスが書かれています。
手順に従って短期ゴールを達成することにより、治療完了に向かって
直線的な道のりで進むように誘導してくれます。

「リアライン・コンセプト」に基づくと、膝OAに特徴的なマルアライメントと
運動(キネマティクス)の修正を優先的に行います。
そのためには、正常なキネマティクスを十分に理解し、
その上で異常な運動を引き起こしている原因因子を特定し、
それらに適切に治療を施さなければなりません。

その結果、関節周囲の何処にも負担のかからない正常な運動が獲得されていきます。

本講義では、膝OAに対して、異常キネマティクスの原因因子を同定し、
それを解決して理想的な関節運動を取り戻すための治療法を
進めるようになることをゴールとします。

【プログラム】
午前  1 リアライン・コンセプト
    2 結果因子、マルアライメント、原因因子の評価
午後  3 組織間リリース
    4 治療デモンストレーション
    5 治療実技
※プログラムは追加・変更になる場合があります。

【必要物品】
実技あり:動きやすい服装(ハーフパンツ等の膝が出る服装)

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
膝関節疾患におけるリアライン・コンセプトの理論と実践 ~変形性膝関節症に対する評価と治療~東京会場~