【終了しました】産後女性に対する運動療法とボディワーク~産前産後の心身の変化やリスクをふまえた関わりを考える~東京会場~

【実技あり!】産後女性を中心に、対象者自身が回復に取り組めるようなプログラムを提供できる

  • Line
  • Hatena
産後女性に対する運動療法とボディワーク~産前産後の心身の変化やリスクをふまえた関わりを考える~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年06月10日

2018年6月10日(日)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

中央労働基準協会ビル 4階 ホール

住所
東京都千代田区二番町9番地8

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:荒木 智子 先生
   一般社団法人 WiTHs 代表理事・理学療法士

【ねらい】
産後女性を中心に、対象者自身が回復に取り組めるようなプログラムを提供できる

【講義概要】
産前産後のリハビリテーションが注目され、様々な取り組みがなされている。
産前については胎児と母体のリスク管理が重要となる一方、産後女性への介入については、基本的な理学療法評価や運動療法が基盤となる。

しかしながら、対象者のおかれている状況は、赤ちゃんのお世話もあり、通院や運動が難しい生活状況となることが多い。
また、受診しても理学療法開始となるとは限らず、ADLに支障はないがしんどさを感じている女性は多く存在している。

リハビリテーションのゴールは、身体的な回復のみならず、精神的にも社会的にも元気に過ごせることである。
そのためには、一方向的な治療ではなく、対象者自身が継続できる運動習慣を身につけることが必要であり、それは対象者自身のエンパワメントにもつながる。

本講義では、産後女性を対象にした評価、運動療法について、ボディワークとの関わりも含めて、対象者自身が継続できるプログラムについて若干の実技も加えながら伝えていく。

【プログラム】
午前  1 産前産後女性のおかれる状況~妊娠・出産は病気ではない?
    2 産後女性に対する評価、リスク管理

午後  3 産後女性に対する運動療法の実際
    4 理学療法・リハビリテーション・ボディワークの使い方

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【必要物品】
実技あり:動き易い服装(Tシャツ、ジャージ等)

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
産後女性に対する運動療法とボディワーク~産前産後の心身の変化やリスクをふまえた関わりを考える~東京会場~