【終了しました】訪問での精神疾患のある方へのアプローチ~適切な関わりと困難ケースの考え方~東京会場~

精神疾患のある方たちの暮らしを知り、関わり方や訪問で必要な知識・技術を学ぶ!

  • Line
  • Hatena
訪問での精神疾患のある方へのアプローチ~適切な関わりと困難ケースの考え方~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年07月21日

2018年7月21日(土)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

中央労働基準協会ビル 4階 ホール

住所
東京都千代田区二番町9番地8

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:足立 千啓 先生
   認定NPO法人 リカバリーサポートセンターACTIPS 理事
   訪問看護ステーションACT-J・作業療法士
   精神保健福祉士

【ねらい】
・地域で暮らす精神疾患のある方たちと協働関係を構築し、医療やリハビリ等、
 生活に必要とされる支援を継続的に提供できるよう、関わり方の基本姿勢を学ぶ
・精神疾患のある方たちの暮らしの実際を知るとともに、訪問で必要な知識や
 援助技術を学ぶ

【講義概要】
人は日々の暮らしや人生を、自分らしく心地よく、
満足いくものにしたいと願っています。

実現したい生活は、人生の歩みや価値観、環境などにより一人ひとり異なります。

個別性への理解を深めることが、クライエントのリカバリーに伴走する
専門家側の基本的な姿勢となります。

精神疾患のある方たちの暮らしには、どのような苦労があり、
どのような工夫や社会資源が役立つのでしょうか?

専門家の多くは病院で働いており、退院後の生活をイメージし、
病院から地域へと連続性をもった支援が難しいこともあります。

また、精神疾患以外での依頼で訪問を始めたところ、
じつは精神疾患が背景にあり関係性構築に苦慮し、
リハビリ等の支援がままならない展開もあるかもしれません。

精神科訪問看護を主とした支援の実際から、対象者と協働で進める支援のあり方、
家族や地域、関係機関との関わりについて等、受講者の皆さんと学びを深め、
地域で活躍する仲間の輪が広がっていくことを願っています。

【プログラム】
前半(午前) 
 ●精神保健福祉を取り巻く現状(医療、福祉、行政など)
 ●主要な精神疾患と治療および支援について
 ●リカバリーについて考える

後半(午後)
 ●多職種での地域生活支援の実際
 ●地域生活のアセスメントと支援の進め方
 ●地域で暮らす事例を通じて、支援のあり方を考える

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

こんな方を対象としてます

作業療法士・理学療法士・言語聴覚士・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
訪問での精神疾患のある方へのアプローチ~適切な関わりと困難ケースの考え方~東京会場~