【終了しました】【2018/08/05開催】私の考える膝関節・足関節の理学療法

昨年好評だった赤羽根良和先生と園部俊晴先生による「膝関節」「足関節」のコラボセミナーを今年も開催します。今春弊社より「機能解剖学的にみた膝関節疾患の運動療法」を発刊した赤羽根先生による「膝」の講演。そして「足関節」といえば園部先生ですね!お二人による熱く濃い1日をお約束します。

  • Line
  • Hatena
【2018/08/05開催】私の考える膝関節・足関節の理学療法

開催情報

主催
株式会社運動と医学の出版社(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年08月05日

発明会館(東京都港区虎ノ門2丁目9−14)

10:00~16:00
定員
200人

受講料
7000円/1人
会場

発明会館

住所
東京都港区虎ノ門2-9-14

申込方法

下記URLにアクセスしていただき、お申込みフォームから
ご応募してください。
http://motion-medical.co.jp/?pid=118429557

こんなことを教えます

①「膝関節」さとう整形外科 赤羽根先生からのコメント
膝関節の障害はセラピストにとってよく遭遇する関節の一つです。
膝関節は脛骨大腿関節と膝蓋大腿関節によって構成されており、当然ではありますが機能障害の発生機序も異なります。
また、痛みを出している組織は何か?痛みの原因と結果の因果関係は?硬いから痛いのか?筋力不足だから痛いのか?アライメントが悪いから痛いのか?
などの答えを導き出すには、適切な評価から病態を推測する必要があります。
これらが分かれば、治療はおのずと決まってきます。そのためには、解剖と機能解剖をベースとした知見は必要となります。
今回の講演がこれらのクリニカル・ヒントになれば幸いです。宜しくお願いします。。

②「足関節」 コンディション・ラボ 園部先生からのコメント
私の考える足部・足関節の理学療法(運動連鎖の応用の方法)
運動連鎖を有効に利用した方法が分かれば、治療の展開は格段に容易なものになります。
今回のセミナーでは、運動連鎖を主体とした理学療法の「評価」「治療」について、足部・足関節を中心に説明します。
【セミナー内容】
● 足部・足関節の関節モーメント
● 歩行の基礎知識と運動連鎖
 (歩行の知識と影響因子)
● 足部・足関節の形態特性が及ぼす影響
● 主要な問題点
 (障害の基となる問題点の考え方)
● 評価
● 治療への展開
【到達目標】
1.運動連鎖を通じ、足部・足関節のメカニカルストレスを理解する。
2.足部・足関節の治療に運動連鎖を応用する意味を理解する。
3.仮説検証作業とは何かを理解する。

こんな方を対象としてます

先着順とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

受講料について

7000円/1人

申込方法

下記URLにアクセスしていただき、お申込みフォームから
ご応募してください。
http://motion-medical.co.jp/?pid=118429557

  • Line
  • Hatena
【2018/08/05開催】私の考える膝関節・足関節の理学療法