【終了しました】【タイトル変更】実技を通して学ぶ!作業療法士のための運動器治療学-頸部・肩甲帯の痛みと関節可動域制限に対するアプローチとIDストレッチングの実際-~大阪会場~

【OT向け!】【実技あり!】作業療法士が運動器に対する治療をする上で必要な、知識とスキルを獲得!

  • Line
  • Hatena
【タイトル変更】実技を通して学ぶ!作業療法士のための運動器治療学-頸部・肩甲帯の痛みと関節可動域制限に対するアプローチとIDストレッチングの実際-~大阪会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年07月15日

2018年7月15日(日)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

つるやホール 第二ビル 4階会議室

住所
大阪府大阪市中央区南本町3丁目4番15

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:鈴木 重行 先生
名古屋大学名誉教授・理学療法士

【ねらい】
本セミナーのねらいは、作業療法士が運動器に対する治療をする上で最低限知っておいて頂きたい痛みのメカニズムおよび関節可動域制限との関係性について理解を深め、それらを改善するスキルを獲得することです。

【講義概要】
痛みのメカニズムについて神経生理学を中心に、具体例を挙げながらわかりやすく説明します。
痛みのメカニズムが理解できると、作業療法士として対応できる痛みか否かの判断がより一層鮮明になります。

また、痛みと関節可動域制限との関係性について理解を深めて頂きます。
痛みが関節可動域に相当悪影響を与えていることが理解できるようになります。

さらに実技では、作業療法士にできる痛みと関節可動域制限に対する運動療法のスキルアップを図ります。
具体的には、代表的な疾患に関連する筋触診と筋ストレッチングを二人一組で行います。
筋ストレッチングは講師が提唱しているIDストレッチングを行います。
受講者が多い場合には、経験豊かな理学療法士が加わり、円滑に実技指導を行います。

【参考書籍】
下記の書籍をお持ちの方は当日ご持参下さい。

・「IDストレッチング第2版」(三輪書店)
 https://www.miwapubl.com/products/detail.php?product_id=345

・「ID触診術」(三輪書店)
 https://www.miwapubl.com/products/detail.php?product_id=1611

【プログラム】
午前(座学)
 ・痛み発現のメカニズムを理解する
 ・痛みと関節可動域制限との関係性を理解する
 ・痛みの軽減法とそのメカニズムを理解する
 ・関節可動域運動としての筋ストレッチングを理解する

午後(実技)
 ・痛みの軽減法の実際
 ・筋触診とIDストレッチングの基本手技
 ・代表的な疾患に関連する筋の触診とIDストレッチングの実際

なお、実技はそれぞれデモンストレーションを観察して頂いた後、各テーブルに戻って行います。

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【必要物品】
実技あり:動きやすい服装(Tシャツ、短パンまたはジャージなど)

こんな方を対象としてます

作業療法士・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
【タイトル変更】実技を通して学ぶ!作業療法士のための運動器治療学-頸部・肩甲帯の痛みと関節可動域制限に対するアプローチとIDストレッチングの実際-~大阪会場~