【終了しました】マッスルインバランスの理学療法2Daysコース 〜運動器疾患に対して基本的な評価と治療〜

運動器疾患に対して基本的な評価方法と過緊張筋抑制のためのテクニック、弱化筋の活性化エクササイズ、運動パターン修正エクササイズについて研修する。

  • Line
  • Hatena
マッスルインバランスの理学療法2Daysコース 〜運動器疾患に対して基本的な評価と治療〜

開催情報

主催
リハテックリンクス株式会社(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年09月08日

〜2018年9月9日(土・日曜日)

10:00~16:00予定
定員
40人

受講料
21600円/1人

銀行振込/クレジット決済

会場

リハテックリンクスセミナールーム

住所
東京都江戸川区北小岩1-4-3クラウンハイツ2F B

申込方法

お申し込みは、下記の弊社HPよりお申し込みください。

【お問い合わせ先】
Rehatech Links株式会社 
講習会事務局 大北 潤

〒171-0021
東京都豊島区西池袋4-32-14
TEL 03-5948-3665
E-mail info@rehatech-links.com

こんなことを教えます

講師:荒木茂先生
   石川県立明和特別支援学校
   理学療法士、鍼灸師、マッサージ師

腰痛症や変形性膝関節症など運動器疾患はMMTやROMを中心とした評価方法では問題点がとらえにくい。また徒手的な治療だけでは一時的に症状が良くなったとしてもその人の姿勢アライメントや運動パターンなど生活習慣が改善されなければ再発を起こす。マッスルインバランスの理学療法は姿勢、筋の長さ、運動パターンを評価することによりマッスルインバランスを改善させ異常な姿勢アライメントや運動パターンを修正することにより痛みや機能障害の原因になっているメカニカルストレスを軽減させる。

理学療法は標準化された再現性のある評価方法が必要でありまた特殊な技術や難しい手技ではなく新人でもできる標準的アプローチが必要である。今回は運動器疾患に対して基本的な評価方法と過緊張筋抑制のためのテクニック、弱化筋の活性化エクササイズ、運動パターン修正エクササイズについて研修する。

【到達目標】
1.マッスルインバランスの考え方による運動器疾患の評価について実施できるようになる。
2.過緊張筋の抑制と弱化筋の活性化の運動療法、徒手療法について理解する。
3.運動パターンの修正エクササイズ、ファンクショナルトレーニングの考え方を理解する。

こんな方を対象としてます

受講料について

21600円/1人

銀行振込/クレジット決済

申込方法

お申し込みは、下記の弊社HPよりお申し込みください。

【お問い合わせ先】
Rehatech Links株式会社 
講習会事務局 大北 潤

〒171-0021
東京都豊島区西池袋4-32-14
TEL 03-5948-3665
E-mail info@rehatech-links.com

  • Line
  • Hatena
マッスルインバランスの理学療法2Daysコース 〜運動器疾患に対して基本的な評価と治療〜