【終了しました】血液透析患者のリハビリテーションにおける 評価、リスク管理、運動療法、多職種連携の理論と実践~東京会場~

血液透析患者に対するリハの実際について、評価、リスク管理、運動療法、多職種連携の観点から臨床応用に向けた理解を深める!

  • Line
  • Hatena
血液透析患者のリハビリテーションにおける 評価、リスク管理、運動療法、多職種連携の理論と実践~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年09月23日

2018年9月23日(日・祝)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

中央労働基準協会ビル 4階 ホール

住所
東京都千代田区二番町9番地8

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:河野 健一 先生
   国際医療福祉大学 成田保健医療学部 理学療法学科 講師・理学療法士

【ねらい】
血液透析患者に対するリハビリテーションの実際について、
評価、リスク管理、運動療法、多職種連携の観点から臨床応用に向けた理解を深める

【講義概要】
血液透析患者に対してリハビリテーションは必要でしょうか?

多くの医療専門職は「必要」と答えると思います。それでは何故必要なのでしょうか?
筋力が低下しているから、身体活動量が低下しているから、
といったような理由は簡単に考えられると思いますし、
ガイドラインに記載されるレベルの問題として異論はないと思います。

ただし、32万人以上透析患者がいる中で、
リハビリテーションの本質を個々の患者で追求しようとすると、
いわゆるエビデンスだけでは対応できない現象(患者)に出くわす機会も多いです。
この現象の機序や現象に対する介入を科学的な視点に立って分析することは、
医療専門職にとって必要な能力と考えます。

本講義では、基本的な病態理解に加え、患者個々の機能、
活動・参加に関する問題を臨床推論によって解決するための手がかりを、
先行研究の成果や事例検討を進めながら提供します。

【プログラム】
午前
 1 血液透析患者の抱える問題(基礎疾患の病態と合併症)
 2 血液透析患者のリハビリテーションにおける評価とリスク管理
午後
 3 血液透析患者のリハビリテーションにおける運動療法と多職種連携による関わり
 4 事例検討(血液透析患者に対するリハビリテーションの実際)
※プログラムは追加・変更になる場合があります。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
血液透析患者のリハビリテーションにおける 評価、リスク管理、運動療法、多職種連携の理論と実践~東京会場~