【終了しました】【会場変更】言語聴覚士のための嚥下障害エクササイズ&ストレッチ マスターセミナー-嚥下障害の予防・改善を目指して-~名古屋会場~

【ST向け!】【実技あり!】適切な筋にアプローチする!頚部周囲筋群への触診・ストレッチを 理解し、嚥下障害改善の第一歩を目指す!

  • Line
  • Hatena
【会場変更】言語聴覚士のための嚥下障害エクササイズ&ストレッチ マスターセミナー-嚥下障害の予防・改善を目指して-~名古屋会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年11月11日

2018年11月11日(日)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

IMYホール 6階 第3会議室

住所
愛知県名古屋市東区葵3-7-14

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:鈴木 重行 先生
   名古屋大学名誉教授
   朝日大学客員教授・理学療法士

【ねらい】
・嚥下機能に関係する頭頚部の解剖の特徴を学ぶ。
・触診およびストレッチングを用いた実技を中心に、嚥下障害に関係する頭頸部周囲筋に対するアプローチを学ぶ。
・嚥下障害の予防や改善を目指す言語聴覚士を対象とする。

【講義概要】
頭頚部の可動性や頚部周囲筋の筋緊張は、嚥下障害や呼吸困難感に強く関わる。
これらの筋の緊張を緩和し、良好な頭頚部の可動性を獲得することで嚥下障害の予防・改善や呼吸困難感の軽減を期待することができる。
今回のセミナーは言語聴覚士に特化して、嚥下機能に関係する頭頚部の解剖の特徴とともに頚部周囲筋を個別に取り上げ、各筋の触診およびストレッチングなどの実技を中心におこない臨床での活用を目指します。

【プログラム】
座学】
①誤嚥性肺炎と頚椎可動性との関連
②脳血管障害の嚥下障害に影響する身体的因子の検討
③頭頚部のランドマークと嚥下障害に関連する筋群

【実技】
①ランドマークと筋の触診および筋ストレッチング
≪実技で予定する筋群≫
・僧帽筋
・頭半棘筋
・頭板状筋
・肩甲挙筋
・胸鎖乳突筋
・前斜角筋
・中斜角筋

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【必要物品】
頚部が触診しやすく、動き易い服装(Tシャツ、タンクトップ、ジャージ等)

こんな方を対象としてます

言語聴覚士・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
【会場変更】言語聴覚士のための嚥下障害エクササイズ&ストレッチ マスターセミナー-嚥下障害の予防・改善を目指して-~名古屋会場~