【終了しました】骨折の評価と運動療法の考え方~上腕骨近位部骨折を中心に~名古屋会場~

【実技あり!】上腕骨近位部骨折後の運動療法について、解剖学、運動学、組織の修復過程を基に、整形外科的な診断と治療(手術療法)、評価、運動療法を系統立てて理解することを目的とします。

  • Line
  • Hatena
骨折の評価と運動療法の考え方~上腕骨近位部骨折を中心に~名古屋会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年12月16日

2018年12月16日(日)

10:00~16:45(受付9:30 ~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

株式会社gene 本社 セミナールーム

住所
愛知県名古屋市東区葵1丁目26-12 IKKO新栄ビル 6階

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:松本 正知 先生
   桑名市総合医療センター リハビリテーション科 副室長・理学療法士

【ねらい】
上腕骨近位部骨折後の運動療法について、
解剖学、運動学、組織の修復過程を基に、整形外科的な診断と
治療(手術療法)、評価、運動療法を系統立てて理解することを目的とします。

【講義概要】
上腕骨近位部骨折は、高齢者に起こりやすい骨折の一つであり、
全骨折の5%程度を占めるとされています。

比較的良好な成績が得られるとされていますが、
手術後の成績としては130度程度の挙上角度が一般的な成績のようです。

本講義は、既存の成績を少しでも向上できるよう解剖学、
肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節の運動学、組織の修復過程を再確認し、

 ・整形外科的な診断と治療(プレートと髄内釘による固定)を理解する

 ・Stooping exerciseに対する我々の考え方を理解し体験する

 ・肩甲上腕関節と肩関節複合体としての可動域計測法を理解し体験する

 ・挙上・結帯動作を改善するための運動療法を理解し体験する

 ことを目標にします。

触診の重要性についても再確認し、
基礎から学びたい方にお聞きいただきたい内容です。

参考文献:骨折の機能解剖学的運動療法―その基礎から臨床まで―
     総論・上肢編(中外医学社)

【プログラム】
午前  1 上腕骨近位部の解剖学と運動学の理解・手術法の理解
    2 Stooping exerciseの実際

午後  3 肩甲上腕関節の可動域評価と挙上方向の可動域練習
    4 結帯動作の改善

※プログラムは追加・変更になる場合があります。

【必要物品】
実技あり:動き易い服装(Tシャツ、ジャージ等)

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
骨折の評価と運動療法の考え方~上腕骨近位部骨折を中心に~名古屋会場~