臨床に生かす!ポジショニングの理論と実践 - Assist

  • Line
  • Hatena
臨床に生かす!ポジショニングの理論と実践 - Assist

開催情報

主催
Assist(主催者の詳細情報を見る)
日時

2016/10/23(日) 14:00~16:30 (午前はパーキンソンセミナー開催予定にて、合わせてのご参加がおすすめです。詳しくはこちら→https://www.assist-seminar.com/seminar/cat3/post-78/

定員

30名

受講料

4000(学生500)

会場

会場:倉敷市芸文館 202会議室
住所:〒710-0046 岡山県倉敷市中央1-18-1
最寄駅:JR倉敷駅からバス3分

申込方法

Assistホームページ下部のお申込みフォームより、必要事項をご記入の上送信してください。
〈ホームページURL〉
https://www.assist-seminar.com/seminar/cat3/post-79/

こんなことを教えます

講師:藍野病院 リハビリテーション部
   理学療法士 小西 彩香先生

▼講師詳細はこちらからご確認ください。
https://www.assist-seminar.com/teacher/post-25/

寝たきりの関患者様と関わっていく上で知っておかなけれいけないポジショニングという技術。

患者様によって拘縮部位や褥瘡部位など様々で、ポジショニング目的によっても沢山の評価や知識が必要になってきます。

見た目に大差がないため、なんとなくでもポジショニングはできているように見えますが、

しっかり評価し目的を明確にし、それをしっかり他職種に伝えられるセラピストのポジショニングは大変効果の高いものになりま

す。

ポジショニングに使う枕は何を使えばいいの?

このポジショニングって正解?

日々悩むセラピストも多いのではないでしょうか?

寝たきり患者様の数は大変多く、リハビリテーションの場面でセラピストによる患者さんに応じた個々のポジショニングが求めら

れてきています。

急性期・回復期では勉強できなかった慢性期患者へのポジショニングを、理論と実践の両面から講義し、ベッドで寝ている患者様

を少しでも快適に、また機能的に過ごせる工夫をお伝えしていきます。

▼講習項目
①ポジショニングの目的

②ポジショニングの基本

③その枕の置き方は適切か?

④枕の材質で体感が変わる

⑤よくあるケース 困ったケース

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、他

受講料について

4000(学生500)

申込方法

Assistホームページ下部のお申込みフォームより、必要事項をご記入の上送信してください。
〈ホームページURL〉
https://www.assist-seminar.com/seminar/cat3/post-79/

  • Line
  • Hatena
臨床に生かす!ポジショニングの理論と実践 - Assist