【終了しました】リハスタッフのための住環境整備の理解と実践~退院支援・地域で役立つ、 最小限で最大効果の住宅改修・福祉用具選択のポイント~名古屋会場~

生活者の視点で本当に役立つ住環境整備のポイントを学び、それぞれの現場の実践につなげる

  • Line
  • Hatena
リハスタッフのための住環境整備の理解と実践~退院支援・地域で役立つ、 最小限で最大効果の住宅改修・福祉用具選択のポイント~名古屋会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年09月24日

2018年9月24日(月・祝)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

株式会社gene 本社 セミナールーム

住所
愛知県名古屋市東区葵1丁目26-12 IKKO新栄ビル 6階

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:久保田 好正 先生
   株式会社 斬新社 代表取締役
   RehaBank 代表・作業療法士、二級建築士

【ねらい】
生活者の視点で本当に役立つ住環境整備のポイントを学び、
それぞれの現場の実践につなげる

【 講義概要 】
「リハスタッフは、もっと地域に出るべきだ」と言われ続けて数年が経ちます。

しかし、病院の現場は単位や書類に追われ、地域に出るどころか、
退院前訪問に出ることすら難しい現場があります。

自分が担当する患者さんの退院支援とは言っても、
図面や写真上のアドバイスにとどまり、
その後にそのアドバイスが妥当だったかを確認することなく、
スキルも蓄積しないといった現状ではないでしょうか?

本セミナーでは、実際に訪問型介護予防事業などで経験を積むことで得た、
地域での作法、最小限で最大効果を目指す住環境整備のポイントや具体例を
ご紹介し、みなさんの現場で今すぐ実践できる方法をご提案します。

【プログラム】
1 リハスタッフのおかれている現状と課題
2 知っておきたい、病院とは違う地域の作法
3 最小限で最大効果を目指す、住環境整備のポイント
4 ケーススタディ(成功例・失敗例)
5 今の現場でできる住環境整備の実践

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【本セミナーについて】
講義内容に関しましてご要望のある方は、
お申込フォームの『質問欄』へご入力ください。
ご入力内容を弊社より講師へお伝えし、可能な限り講義内容へ反映していただく予定です。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
リハスタッフのための住環境整備の理解と実践~退院支援・地域で役立つ、 最小限で最大効果の住宅改修・福祉用具選択のポイント~名古屋会場~