【終了しました】これだけは知っておきたい循環器疾患のリハビリテーション~基礎医学と病態の把握~

【新人向け】基礎から学ぶ!循環器リハの評価と治療!

  • Line
  • Hatena
これだけは知っておきたい循環器疾患のリハビリテーション~基礎医学と病態の把握~

開催情報

主催
EPoch / 株式会社Rebel Flag(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年06月24日

10:30-16:30
定員
50人

受講料
6500円/1人
会場

サンピアンかわさき

住所
神奈川近郊

申込方法

弊社申し込みフォームにてお申し込みをお願い致します。

こんなことを教えます

講師:真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士
-------------------------
超高齢社会を迎えた今、急性期〜在宅までどこにいても循環器疾患を有する患者さんはおられます。

心臓リハビリテーションは近年様々な分野で効果を表してきました。
しかし、心臓リハビリを行っている施設が限られているため、自分には関係ないと思っているセラピストも多いのではないでしょうか?

また、心臓リハビリテーションには関係ないからといって、
循環器病院以外の病院で働いているセラピストは循環器の知識が不要ということはありえません。

特に、リスク管理においては血圧や心拍数など循環器に関わる指標が多くあります。
基本的なリスク管理には適切な病態把握が欠かせません。

今回のセミナーのテーマは

①循環器疾患の病態を把握し、基本的なリスク管理ができるようになる
②循環器疾患患者になぜ運動療法が必要なのかを理解する
③症例を通して実際を学ぶ

の3点に絞りお話をさせて頂きたいと思います。

プログラム

第1章
循環器疾患の病態把握と運動療法の狙い

⑴虚血性心疾患
①心筋虚血のメカニズム
②心筋虚血と心電図
③虚血性心疾患の評価
④運動療法の作用機序

⑵心臓弁膜症
①僧帽弁閉鎖不全症の病態
②大動脈弁狭窄症の病態
③弁膜症の心エコー
④弁膜症の治療

⑶慢性心不全
①慢性心不全の病態
②運動療法の作用機序

⑷不整脈
①知っておきたい不整脈
②不整脈患者の理学療法の考え方
第2章
症例検討(グループワーク)

こんな方を対象としてます

受講料について

6500円/1人

申込方法

弊社申し込みフォームにてお申し込みをお願い致します。

  • Line
  • Hatena
これだけは知っておきたい循環器疾患のリハビリテーション~基礎医学と病態の把握~