【終了しました】関節可動域制限の発生メカニズムとそれに対する運動療法の考え方~東京会場~

最新知見をもとに、ROM制限の発生機序をひも解く!!
病態を理解して拘縮へのアプローチを学ぶ!!

  • Line
  • Hatena
関節可動域制限の発生メカニズムとそれに対する運動療法の考え方~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年10月13日

2018年10月13日(土)

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
40人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

株式会社 日赤サービス(日本赤十字社ビル)1階 101会議室

住所
東京都港区芝大門1丁目1番3号

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

講師:沖田 実 先生
   長崎大学 生命医科学域 保健学系・理学療法学分野 教授・理学療法士

【講義概要】
臨床において関節可動域(以下、ROM)制限は極めて発生頻度が高く、その重篤化はADL制限やQOL低下を招くことから、その対策はリハビリテーション(以下、リハ)の重要課題である。

ROM制限を引き起こす原因としては、拘縮や強直、筋収縮、脱臼偏位、関節内遊離体など様々なものがあげられるが、その中で、リハによって改善が期待できるものは拘縮と筋収縮である。

周知のように、筋収縮に関してはリハの様々な治療戦略によって即時に軽減させることが可能で、これに由来したROM制限に難渋することは少ない。一方、拘縮は皮膚や骨格筋、関節包などの関節周囲軟部組織が器質的に変化し、その伸張性が低下したことで生じたROM制限であり、病巣部位も多岐にわたるため治療に難渋することが多い。

そして、これらの組織には共通してコラーゲンの増生に伴う線維化の発生が認められ、これが拘縮の発生メカニズムに寄与しており、最近はその分子機構の解明も進んでいる。
そこで、本講義ではROM制限、特に拘縮の発生メカニズムに関する最新知見を紹介し、運動療法を含んだリハビリテーションの考え方について私見を交えながら概説する。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
関節可動域制限の発生メカニズムとそれに対する運動療法の考え方~東京会場~