【終了しました】「脳卒中患者のクリニカルリーズニング」(岐阜)

姿勢・動作分析の解釈と介入の進め方!ケーススタディ(動画)形式で学ぶ仮説検証の実践

  • Line
  • Hatena
「脳卒中患者のクリニカルリーズニング」(岐阜)

開催情報

主催
BRIDGE(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年09月29日

10:00〜16:00(開場9:30)
定員
30人

受講料
7000円/1人

一般8640円(8000+税)
ペア割7560円(7000+税)

会場

ハートフルスクエアーG(岐阜市生涯学習センター) 中研修室

住所
岐阜県岐阜市橋本町1-10-23

申込方法

以下のURLよりお申し込みください

https://pro.form-mailer.jp/fms/7265cb77148210

こんなことを教えます

岐阜県での週末セミナー、初開催となります!!!

脳卒中患者さんの「怖い」「分からない」「感じない」という言葉をどう解釈しますか?

目の前の現象や患者さんの言葉と客観的な評価をどう結びつけて問題を抽出し、解決するための課題を設定していますか?

脳卒中患者さんにみられる様々な現象を観察や触診からどう捉え、問題点を導き出すのか?

そしてその問題を解決するための課題はどう設定し、効果判定をしていったら良いのか?

講師、そして参加者と一緒に悩み、考えませんか?

【内容】

1.中枢神経疾患に何が起こっているのか?

 ・姿勢・運動制御の破綻

 ・姿勢・運動制御における筋膜の重要性

 ・主観的な知覚経験は動作を変える

 ・患者心理をどう捉え、向き合うか

 ・患者を理解し、より良い課題選択のためのポイント

2.感覚、注意の問題と動作への影響

 ・感覚・注意障害の捉え方

 ・身体・運動イメージ、身体所有感と運動主体感

 ・患者の感じている世界を体験してみる

3.ケーススタディ:リーチング、歩行のクリニカルリーズニング

 ・姿勢・動作分析から問題点を予測する

 ・上肢・手指の評価とリーチング

 ・下肢の評価と立位・歩行

 ・上肢〜体幹〜下肢の関係性の解釈と実際の介入

4.クリニカルリーズニングの実践

 ・姿勢・動作分析、被験者の発言・反応から要素を関連づける

 ・仮説を検証し、介入前後の効果判定の実施

【講師】

小松 洋介

Bridge代表講師|BRIDGE PLUS代表|理学療法士

臨床1年目に病院や施設ごとでのリハビリの考え方や特定の治療手技や理論に偏りがあることに疑問を持ち、様々な理論・技術を広く知り、それぞれの良い所を活用 できるような場を作りたい、そして「患者さんの立場に立てるセラピスト」を増やしたいとの思いでセミナー団体「Bridge」を立ち上げる。

こんな方を対象としてます

PT,OT,ST,その他

受講料について

7000円/1人

一般8640円(8000+税)
ペア割7560円(7000+税)

受講する際は以下をお読み下さい

動きやすい服装でお越しください。

申込方法

以下のURLよりお申し込みください

https://pro.form-mailer.jp/fms/7265cb77148210

  • Line
  • Hatena
「脳卒中患者のクリニカルリーズニング」(岐阜)