【終了しました】感触診 福岡コース第2期

触診の基本から全ての身体組織の触診まで。
徒手療法の基本である「触診」を深く学ぶことのできる講習会です。

  • Line
  • Hatena
感触診 福岡コース第2期

開催情報

主催
長崎徒手療法研究会TORUS(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年10月13日

なぜこの患者さんは治らないの?
それは患者さんの限界?
もしくは自分の知識不足?
トップの先生は治療できるのになぜ私にできない?
それは自分の限界?
もしくは自分の経験不足?
だから、もっともっとセミナーに、研修会に行かなきゃ?

いえいえ、違います
ズバリこの疑問に終止符を打ちます!!

この世の中で発見される素晴らしい法則は、
いつもシンプルです

シンプルだからこそ皆さんに受け入れられるのです

しかし、
私たちリハビリテーションの治療技術は
理論的になり過ぎて、シンプルな治療を忘れています

しかし、シンプルな治療をするには、
シンプルな技術が必要となります

そのシンプルな技術とは「触診」のことです
触れないから治療できないのです
触診できないセラピストに未来はありません

触ることさえ出来れば、
シンプルな治療なのに絶大な効果が得られる

触れることで治療技術が活きてくるのです



さらに理屈で触れても意味がありません
その触れた組織ををどう感じるのか
つまり、治療すべき組織か否か!!

ここまでできてはじめて意味のある、
触診技術となるのです

だから感触診!!



全身の関節のみならず、
靭帯・神経・血管・内臓・頭蓋・脳などすべてを触診し、
そこがどのように問題あるのかを学ぶのが感触診です

近代徒手療法の原点であるオステオパシーから
派生したともいえるカイロプラクティック
そのカイロプラクティックの評価技術・
オステオパシーの触診技術を上手く融合させ、

そこを理論的にお伝えしているのが感触診です

感触診は
・目的の部位を触るスタティックパルペーション(SP)
・目的の組織を触るレイヤーパルペーション(LP)
・関節を操作して制限を探すモーションパルペーション(MP)
・脈管・内臓を引きのばして制限を探すテンションパルペーション(TP)
・組織固有の動きを探すオートマチックムーブメントパルペーション(AP)

から成り立ち、

患者の一番治療すべき点(制限)をみせられるようになります!!



■内容
 1.感触診総論編(触診の本質をしっかり伝えるのはSOMAだけ)
 2.BASIC全6種類
   ・頭蓋編
   ・脊柱編 
   ・上肢編 
   ・下肢編 
   ・骨盤編
   ・胸郭編
 3.ADVANCE全6種類
   ・消化器編
   ・循環器編
   ・呼吸器編 
   ・脈管編
   ・頭蓋編
   ・全身評価&特殊治療編


■講師
 SOMA公認講師 吉田一樹
 SOMA公認インストラクター


■日程 H30-31年 2018-2019
 第1回 10月13−14日 総論、頭蓋、頸椎
 第2回 11月17-18日 胸椎、腰椎
 第3回 12月08-09日 上肢、下肢
 第4回 1月19-20日 骨盤、胸郭、治療論
 第5回 2月16-17日 内臓1,2
 第6回 3月09-10日 脈管、頭蓋
 第7回 4月20-21日 全身評価と特殊治療

土曜日 14:00-19:00    日曜日. 9:45-15:45  ※再受講の方は前記の時間より1時間遅くなります
定員
30人

受講料
231000円/1人

(分割希望の方は連絡ください)

会場

決まり次第連絡します。

住所
福岡県福岡市内で調整中

申込方法

以下のフォームメールに必要事項を記載してください
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/84cf1e3e566724

こんなことを教えます

なぜこの患者さんは治らないの?
それは患者さんの限界?
もしくは自分の知識不足?
トップの先生は治療できるのになぜ私にできない?
それは自分の限界?
もしくは自分の経験不足?
だから、もっともっとセミナーに、研修会に行かなきゃ?

いえいえ、違います
ズバリこの疑問に終止符を打ちます!!

この世の中で発見される素晴らしい法則は、
いつもシンプルです

シンプルだからこそ皆さんに受け入れられるのです

しかし、
私たちリハビリテーションの治療技術は
理論的になり過ぎて、シンプルな治療を忘れています

しかし、シンプルな治療をするには、
シンプルな技術が必要となります

そのシンプルな技術とは「触診」のことです
触れないから治療できないのです
触診できないセラピストに未来はありません

触ることさえ出来れば、
シンプルな治療なのに絶大な効果が得られる

触れることで治療技術が活きてくるのです



さらに理屈で触れても意味がありません
その触れた組織ををどう感じるのか
つまり、治療すべき組織か否か!!

ここまでできてはじめて意味のある、
触診技術となるのです

だから感触診!!



全身の関節のみならず、
靭帯・神経・血管・内臓・頭蓋・脳などすべてを触診し、
そこがどのように問題あるのかを学ぶのが感触診です

近代徒手療法の原点であるオステオパシーから
派生したともいえるカイロプラクティック
そのカイロプラクティックの評価技術・
オステオパシーの触診技術を上手く融合させ、

そこを理論的にお伝えしているのが感触診です

感触診は
・目的の部位を触るスタティックパルペーション(SP)
・目的の組織を触るレイヤーパルペーション(LP)
・関節を操作して制限を探すモーションパルペーション(MP)
・脈管・内臓を引きのばして制限を探すテンションパルペーション(TP)
・組織固有の動きを探すオートマチックムーブメントパルペーション(AP)

から成り立ち、

患者の一番治療すべき点(制限)をみせられるようになります!!



■内容
 1.感触診総論編(触診の本質をしっかり伝えるのはSOMAだけ)
 2.BASIC全6種類
   ・頭蓋編
   ・脊柱編 
   ・上肢編 
   ・下肢編 
   ・骨盤編
   ・胸郭編
 3.ADVANCE全6種類
   ・消化器編
   ・循環器編
   ・呼吸器編 
   ・脈管編
   ・頭蓋編
   ・全身評価&特殊治療編


■講師
 SOMA公認講師 吉田一樹
 SOMA公認インストラクター

こんな方を対象としてます

・触診を深く学びたい方
・手技は勉強したがなかなか結果が伴わない方

受講料について

231000円/1人

(分割希望の方は連絡ください)

申込方法

以下のフォームメールに必要事項を記載してください
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/84cf1e3e566724

  • Line
  • Hatena
感触診 福岡コース第2期