【終了しました】脳卒中症例に対する治療と評価〜立ち上がり動作に着目した仮説検証作業〜

【実技中心セミナー】難しい知識を分かりやすく、細かいハンドリングを丁寧に!

  • Line
  • Hatena
脳卒中症例に対する治療と評価〜立ち上がり動作に着目した仮説検証作業〜

開催情報

主催
TMPリハビリテーション研究会(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年10月21日

10:00-16:00
定員
50人

受講料
5000円/1人

当日現金にてお支払い下さい

会場

第一アメ横ビル4階 第3会議室 上前津駅8.9番出口より徒歩4分

住所
460-0011名古屋市中区大須3-30-86

申込方法

tmp.reha.lab@gmail.com
上記アドレスへメールにて申し込み下さい。

件名 受講希望日
本文に1.氏名 2.職種 3.経験年数 4.所属を記入の上、お送り下さい。

こんなことを教えます

<講師>
社会医療法人 大道会 森之宮病院 リハビリテーション部

理学療法士 大上祐司 先生

<概要>
ヒトが地球上で生活していく為には、重力環境の中で行為を遂行していく必要がある。

その為には、常に重力に抗した姿勢を保ち続けるだけの姿勢コントロールが要求される。

特に立ち上がり動作においては、足に重心をトランスファーさせ、そこから強い下肢の支持によって身体を持ち上げる必要がある。

脳卒中症例にとってこの立ち上がり動作がベッドから離床し、初めての足の支持となるが、

麻痺側への荷重が十分に行えず、非麻痺側での代償が増強し動作のバリエーションを制限させている要因となる場面が見られる。

本研修では、脳卒中症例の立ち上がり動作をどのように評価しアプローチしていくか、

皆様の身体を通じて実技中心に姿勢運動分析を行い、

アプローチ及びアプローチ戦略に関する知識やハンドリングを共有する。

<テーマ>
・姿勢コントロールについて

・立ち上がり動作と姿勢コントロール

・立ち上がり動作の運動分析

・立ち上がり動作のクリニカルリーズニングとHands on

<開催要項>
日時:10月21日(日)10時から16時まで(受付開始:9時半〜)

場所:名古屋市中区大須3-30-86 第一アメ横ビル4階 第3会議室

定員:50名

受講費:5000円(税込)(当日現金にてお支払いお願いします)

こんな方を対象としてます

PT、OT、療法士を目指す学生、柔道整復師、機能訓練指導員、運動や体の使い方に興味のある方

受講料について

5000円/1人

当日現金にてお支払い下さい

受講する際は以下をお読み下さい

当日は動きやすい服装でお越し下さい

申込方法

tmp.reha.lab@gmail.com
上記アドレスへメールにて申し込み下さい。

件名 受講希望日
本文に1.氏名 2.職種 3.経験年数 4.所属を記入の上、お送り下さい。

  • Line
  • Hatena
脳卒中症例に対する治療と評価〜立ち上がり動作に着目した仮説検証作業〜